2021年5月のWebサーバ利用シェア、「Nginx」が「Apache」を初めて上回るNginx系Webサーバのシェアが5割超に

Q-Successが2021年5月に発表したWebサーバの市場シェア調査結果によると、「Nginx」と「Apache」がともに33.8%を占め、Nginxが首位、Apacheが2位となった。さらにNginxから派生したWebサーバを含めると、Nginxのシェアは5割を超えていた。

» 2021年05月17日 17時30分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Q-Successは2021年5月4日(米国時間)、Webサーバ技術の使用サイト数に基づく市場シェア調査結果を発表した。「Nginx」と「Apache」がともに33.8%を占め、わずかな差でNginxが首位、Apacheが2位となった。

 2009年にWeb技術調査サービス「W3Techs - World Wide Web Technology Surveys」が開始されて以来、NginxがApacheを抜いて首位となったのは、今回が初めてだ。

 2009年のシェアはNginxが3.7%、Apacheが73%超、Microsoftの「インターネットインフォメーションサービス(IIS)」が20%程度だった。Apacheのシェアは、1年前はNginxを6.6ポイント上回っていたものの、一貫して低下傾向が続いている。

主要なWebサーバのシェアの推移(出典:Q-Success

 調査対象のWebサーバ技術の数は現在、98に達しており、2021年5月4日付の市場シェアの3〜7位は、「Cloudflare Server」(18.4%)、「LiteSpeed」(8.6%)、IIS(7.0%)、「Node.js」(1.2%)、「Google Servers」(1.1%)だった。

 これらのうちCloudflare ServerはNginxから派生した技術であり、同様の派生技術である「Tengine」と「ArvanNginx」も15位までに入った。こうしたNginxベース技術のシェアを合計すると、52.4%に上る。

 なお、Nginxは現在、主にApacheとIISからシェアを奪う一方、Cloudflare ServerとLiteSpeedにシェアを奪われている。

高トラフィックのWebサイトではシェアはどうなっているのか

 Nginxは長年、高トラフィックのWebサイトに占めるシェアで首位を維持している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。