連載
» 2021年08月03日 05時00分 公開

セッションごとのtempdbのページ使用量に関する情報を出力するSQL Server動的管理ビューレファレンス(31)

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、セッションごとの「tempdb」のページ使用量に関する情報の出力について解説します。

[椎名武史,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回は動的管理ビュー「sys.dm_db_session_space_usage」における、セッションごとの「tempdb」のページ使用量に関する情報の出力について解説します。対応バージョンは、SQL Server 2008以降です。

概要

 SQL Serverではデータの挿入や削除に加え、処理で使用する一時的なデータの保存のためなどにも、必要に応じてページが割り当てられます。

 「sys.dm_db_session_space_usage」では、セッションごとに使用されたページ使用量に関する情報を確認できます。ただし、「sys.dm_db_session_space_usage」にデータベースIDを確認できる列がありますが、現在は「tempdb」である「データベースID = 2」の情報しか出力されません。

出力内容

列名 データ型 説明
session_id smallint セッションID
database_id smallint データベースID
user_objects_alloc_page_count bigint セッションで、ユーザーオブジェクトに予約された、または割り当てられたページの数
user_objects_dealloc_page_count bigint セッションで、ユーザーオブジェクトへの割り当てが解除され、予約されなくなったページの数
internal_objects_alloc_page_count bigint セッションで、内部オブジェクトに予約された、または割り当てられたページの数
internal_objects_dealloc_page_count bigint セッションで、内部オブジェクトへの割り当てが解除され、予約されなくなったページの数
user_objects_deferred_dealloc_page_count bigint 遅延割り当て解除のマークがされているページ数
pdw_node_id Int ノードID
Azure SQL Data WarehouseとParallel Data Warehouseのみで有効

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。