連載
» 2022年02月14日 05時00分 公開

拡張イベントパッケージの一覧を出力するSQL Server動的管理ビューレファレンス(84)

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、拡張イベントパッケージの一覧を出力する方法について解説します。

[伊東敏章,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回は動的管理ビュー「sys.dm_xe_packages」における、拡張イベントパッケージの一覧を出力する方法について解説します。対応バージョンは、SQL Server(サポートされている全てのバージョン)です。

概要

 SQL Serverでは、拡張イベント(XEvent)の機能を使用することで、SQL Serverの内部で発生したイベントや付随する情報を記録して、パフォーマンス問題の解析や問題の原因特定に必要なデータを収集できます。

 類似の機能として、以前からSQL Serverトレースがありました。拡張イベントはより新しい機能となり、採取パフォーマンスの改善や対象のイベント、収集できる情報の増加、記録方法の選択肢の増加がなされました。

 拡張イベントを収集するには、あらかじめ拡張イベントセッションを構成して、採取対象とするイベントや含める情報、記録先などを設定しておく必要があります。そして、拡張イベントを採取する期間にあわせて、拡張イベントセッションを開始、停止します。

 「sys.dm_xe_packages」動的管理ビューでは、拡張イベントエンジンに登録されたパッケージの一覧を出力できます。拡張イベントでは、これらの登録されたパッケージによって、イベントやイベント発生時に実行できるアクション、記録先であるターゲットなどが提供されています。

出力内容

列名 データ型 説明
name nvarchar(256) パッケージの名前
guid uniqueidentifier パッケージを識別するGUID
description nvarchar(3072) パッケージの説明
capabilities int パッケージの機能を表すビットマップ
capabilities_desc nvarchar(256) パッケージの機能の一覧
module_guid nvarchar(60) パッケージを公開するモジュールのGUID
module_address varbinary(8) パッケージが公開するモジュールが読み込まれたベースアドレス
1つのモジュールで複数のパッケージが公開されている場合がある

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。