連載
» 2022年05月02日 05時00分 公開

Geoレプリケーションリンクの一覧を出力するSQL Server動的管理ビューレファレンス(106)

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、Geoレプリケーションリンクの一覧を出力する方法について解説します。

[伊東敏章,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回は動的管理ビュー「sys.geo_replication_links」における、Geoレプリケーションリンクの一覧を出力する方法について解説します。対応バージョンは、「Azure SQL Database」です。

概要

 Azure SQL Databaseでは、Geoレプリケーションの機能を使用できます。Geoレプリケーションを構成すると、同じリージョンまたは異なるリージョンに、データベースの読み取り可能な複製(セカンダリデータベース)を作成できます。

 「sys.geo_replication_links」動的管理ビューを使用することで、SQL Databaseサーバ上のGeoレプリケーションが構成されたSQL Databaseの一覧と、Geoレプリケーション上でのロールや状態に関する情報を出力できます。

出力内容

列名 データ型 説明
database_id int データベースのID
start_date datetimeoffset Geoレプリケーションが開始されたときのデータセンターでのUTC時刻
modify_date datetimeoffset Geoレプリケーションが完了したときのUTC時刻
この時点で、新しいデータベースがプライマリデータベースと同期される
link_guid uniqueidentifier Geoレプリケーションリンクの一意のID
partner_server sysname Geoレプリケート先のSQL Databaseサーバ名
partner_database sysname Geoレプリケート先のSQL Database名
replication_state tinyint このデータベースのGeoレプリケーションの状態
 「0」=保留中
アクティブなセカンダリデータベースの作成がスケジュールされるが、必要な準備手順がまだ完了していない
 「1」=シード処理
Geoレプリケーションターゲットはシードされているが、2つのデータベースがまだ同期されていない。シード処理が完了するまで、セカンダリデータベースに接続することはできない。プライマリからセカンダリデータベースを削除すると、シード処理操作が取り消される
 「2」=キャッチアップ
セカンダリデータベースはトランザクション一貫性のある状態であり、常にプライマリデータベースと同期されている
replication_state_desc nvarchar(256) replication_stateの説明
 PENDING
 SEEDING
 CATCH_UP
role tinyint Geoレプリケーションロール
 「0」=プライマリ
 「1」=セカンダリー
role_desc nvarchar(256) roleの説明
 PRIMARY
 SECONDARY
secondary_allow_connections tinyint セカンダリーの種類
 「0」=セカンダリデータベースには、フェイルオーバーまでアクセスできない
 「1」=読み取り専用
セカンダリデータベースは、「ApplicationIntent=ReadOnly」のクライアント接続のみアクセスできる
 「2」=全て
セカンダリデータベースには、任意のクライアント接続からアクセスできる
secondary_allow_connections_desc nvarchar(256) secondary_allow_connectionsの説明

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。