リソースガバナーワークロードグループの統計と構成情報を出力するSQL Server動的管理ビューレファレンス(154)

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、リソースガバナーワークロードグループの統計と構成情報を出力する方法について解説します。

» 2022年10月17日 05時00分 公開
[伊東敏章@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回は動的管理ビュー「sys.dm_resource_governor_workload_groups」における、リソースガバナーワークロードグループの統計と構成情報を出力する方法について解説します。対応バージョンは、SQL Server(サポートされている全てのバージョン)、「Azure SQL Database」「Azure SQL Managed Instance」「Azure Synapse Analytics」「Analytics Platform System」(PDW)です。

概要

 SQL Serverでは、リソースガバナーの機能を使用してワークロードが使用するシステムリソースの消費を管理できます。

 リソースガバナーでは、アプリケーションからの要求をワークロードグループに割り当てることで、使用できるCPU時間やメモリ量に対して制限を設定したり、ワークロードグループが属するリソースプールに使用できるCPU時間やメモリ量の割合、I/O要求のスループットの制限を設定したりすることができます。

 「sys.dm_resource_governor_workload_groups」動的管理ビューを使用することで、リソースガバナーのワークロードグループの統計とメモリ構成情報を出力することが可能です。

出力内容

列名 データ型 説明
group_id int ワークロードグループのID
name sysname ワークロードグループの名前
pool_id int リソースプールのID
external_pool_id int 外部リソースプールのID
※SQL Server 2016以降のみ
statistics_start_time datetime ワークロードグループの統計コレクションがリセットされた時刻
total_request_count bigint ワークロードグループ内の完了した要求の累積数
total_queued_request_count bigint GROUP_MAX_REQUESTSの制限に達した後にキューに登録された要求の累積数
active_request_count int 現在の要求数
queued_request_count int 現在キューに置かれている要求の数
total_cpu_limit_violation_count bigint CPUの制限を超えている要求の累積数
total_cpu_usage_ms bigint このワークロードグループによる累積CPU使用量(ミリ秒単位)
max_request_cpu_time_ms bigint 1つの要求に対する最大CPU使用量(ミリ秒単位)
※構成可能な設定である「request_max_cpu_time_sec」とは異なる測定値
blocked_task_count int 現在ブロックされているタスクの数
total_lock_wait_count bigint 発生したロック待機の累積数
total_lock_wait_time_ms bigint ロックが保持される累積合計(ミリ秒単位)
total_query_optimization_count bigint このワークロードグループ内のクエリ最適化の累積数
total_suboptimal_plan_generation_count bigint メモリ不足のため、このワークロードグループで発生した、最適化されていないプランの世代の累積数
total_reduced_memgrant_count bigint クエリの最大サイズ制限に達したメモリ許可の累積数
max_request_grant_memory_kb bigint 統計のリセット以降、1つの要求に対する最大メモリ許可サイズ(KB単位)
active_parallel_thread_count bigint 並列スレッド使用の現在の数
importance sysname このワークロードグループ内の要求の相対的な重要度の現在の構成値
Low、Medium(規定値)、Highのいずれか
request_max_memory_grant_percent int 1つの要求に対する最大メモリ許可の現在の設定(パーセンテージ)
request_max_cpu_time_sec int 1つの要求に対する最大CPU使用制限の現在の設定(秒単位)
request_memory_grant_timeout_sec int 1つの要求に対するメモリ許可のタイムアウトの現在の設定(秒単位)
group_max_requests int 同時要求の最大数の現在の設定
max_dop int ワークロードグループの並列処理の最大限度の設定
既定値は「0」で、グローバル設定が使用される
effective_max_dop int ワークロードグループの並列処理の有効な最大限度
※SQL Server 2012以降のみ
total_cpu_usage_preemptive_ms bigint ワークロードグループのプリエンプティブモードのスケジュール設定で使用された合計CPU時間(ミリ秒単位)
SQL Server外部のコード(拡張ストアドプロシージャや分散クエリなど)を実行する場合、ワーカーはプリエンプティブモードに切り替えられる
※SQL Server 2016以降のみ
request_max_memory_grant_percent_numeric float 1つの要求に対する最大メモリ許可の現在の設定(パーセンテージ)
※SQL Server 2019以降のみ
pdw_node_id int このディストリビューションが配置されているノードの識別子
※Azure Synapse Analytics、Parallel Data Warehouseのみ

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。