Rustの導入で「Android」のセキュリティバグが低減か――Googleが報告深刻な脆弱性も減少

Googleは公式ブログで、モバイルOS「Android」の開発にメモリ安全なプログラミング言語「Rust」を導入する取り組みを進めてきた2019〜2022年の間に、同OSにおけるメモリ安全性の脆弱性が大幅に減少し、それに伴って深刻な脆弱性も減少していることを報告した。

» 2022年12月07日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Googleは2022年12月1日(米国時間)に公式ブログで、モバイルOS「Android」の開発にメモリ安全なプログラミング言語「Rust」の導入を進めたことで、同OSにおけるメモリ安全性の脆弱(ぜいじゃく)性が大幅に減少し、それに伴って深刻な脆弱性も減少していることを報告した。Rust導入によるセキュリティ上の影響や、Rustの使用に関する今後の展望も解説した。

 メモリ安全性の脆弱性は10年以上にわたって、製品全体、そして業界全体において、脆弱性全体の65%以上を占めてきた。10年以上にわたって、メモリ安全でない言語(C/C++など)の改善に多大な投資をしてきたにもかかわらず、メモリ安全性の脆弱性が毎年数多く見つかってきた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。