• 関連の記事

「プロトコル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プロトコル」に関する情報が集まったページです。

FacebookのInstagramを含むすべてのサービスに障害 社内でのBGP更新が原因と専門家【復旧済み】
Facebookの一連のサービスが日本時間の10月5日午前0時40分ごろからグローバルでダウンしている。Facebook、Instagram、Facebook Messenger、WhatsApp、Oculusにログインできない状態だ。専門家はFacebook社内でBGP(Border Gateway Protocol)レコードが更新されたことが原因と指摘する。(2021/10/5)

FAニュース:
UDP、TCP通信機能を追加したスマートRFIDリーダー、さまざまな通信環境に対応
IDECは、機能を追加したφ22スマートRFIDリーダー「KW2D形」を発表した。UDP、TCP通信機能とPCレスでのタグリスト更新機能を追加し、従来の通信プロトコルに対応していないホスト機器でも、KW2D形と接続できる。(2021/9/10)

AWSの大規模障害、原因はネットワークデバイス 新プロトコル処理に潜在的なバグ
9月2日に発生した、AWSの東京リージョンで大規模な障害で、同社が報告書を公開した。Direct Connectが接続される場所から東京リージョンのデータセンターへの途中にあるネットワークデバイスで障害が起きていたという。(2021/9/8)

Bluetoothスタックに16個の脆弱性が見つかる 1400以上の製品に影響か
複数の市販製品が搭載するBluetoothプロトコルスタック実装に16個の脆弱性が発見された。これらは総称して「BrakTooth」と呼ばれる。1400以上の製品に影響が及ぶとみられており、各ベンダーの対処も異なるため注意が必要だ。(2021/9/6)

「疾患を対象とした大規模なオープンデータは限られている」:
MRI画像のAI解析などで利用できる「脳画像ビッグデータ」を公開 国際電気通信基礎技術研究所ら研究グループ
ATR脳情報通信総合研究所の研究グループは「複数疾患の脳画像ビッグデータ」を一般公開した。多くの施設で統一のプロトコルで撮像した複数精神疾患のfMRIデータと旅行被験者データを合わせてデータベース化したもので、オンラインプラットフォームでダウンロードの申請ができる。(2021/9/1)

ジャック・ドーシー氏、分散型SNSを標準化する組織「Bluesky」始動
TwitterとSquareのCEO、ジャック・ドーシー氏は、SNS向け分散型標準開発組織Blueskyにリーダーを迎えたと発表。プロトコル開発者などを求人中だ。(2021/8/17)

クラウドネイティブ時代のデータベース(終):
クラウドネイティブで変わる「NewSQL」の意味――地球規模でデータ分散を可能にする合意プロトコルの仕組みと課題
クラウドネイティブ時代に求められるデータベースの3要件を満たすべく開発が進められているNewSQLの基本概念と、データの可用性を高める仕組みを解説する。(2021/8/12)

「SSH」を安全に利用する【前編】
安全なはずの「SSH」が抱える6大セキュリティ問題とは? 危険性と対策は
「SSH」は安全なリモートアクセスを確立するために不可欠な通信プロトコルだ。一方でSSHには、攻撃者に狙われる可能性がある幾つかのセキュリティ問題があるという。それは何なのか。(2021/7/6)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(146):
Azureファイル共有がSMBに加えて、NFS 3.0を正式にサポート
SMBのファイル共有サービスを提供する「Azureファイル共有」が「NFS 3.0」プロトコルを正式にサポートしました。SMBはmacOSやLinuxでもサポートされますが、アプリケーションやパフォーマンスの要件によってはNFSが適している場合があります。Azureファイル共有がSMBとNFSの両方に対応したことで、選択肢が広がります。(2021/7/2)

最大240Wの電力範囲に対応:
テレダイン・レクロイ、USB PD3.1対応テスト装置
テレダイン・レクロイは、USB Power Delivery(USB PD)3.1対応のプロトコルアナライザー/エクセサイザー「Voyager M310e」を発表した。(2021/6/16)

ロボット開発ニュース:
自由なカスタマイズが可能、協働運搬ロボットの実証用モデルを販売開始
Doogは、協働運搬ロボット「サウザーE」シリーズを「アプリケーション実証用モデル」として販売する。図面や通信プロトコルなど各種技術情報も提供し、搬送ロボットの迅速な開発や、本格導入に向けた円滑な実証検証をサポートする。(2021/5/25)

8割超が「アウト」も 脆弱な通信プロトコルを使い続ける企業の割合に関する残念な調査結果
一般的な通信プロコトルに脆弱性が発見されると、影響範囲の大きさから対策を急ぐものと考えがちだが、ある調査によると、「まさか」と思うような脆弱性を放置する企業もあるようだ。リスクの高いプロトコルとリスクの割合が明らかになった。(2021/5/15)

製造ITニュース:
IoTデバイスのクラウド接続を一括設定するネットワークサービスを開始
NTTコミュニケーションズは、IoTデータのセキュアなプロトコル変換などをネットワーク側で行うことで、IoTデバイスの負荷を軽減する「IoT Connect Gateway」サービスの提供を開始した。(2021/4/21)

この頃、セキュリティ界隈で:
医療機器や制御システムに影響する脆弱性「NAME:WRECK」 つながるモノがはらむ危険性に警鐘
DNDプロトコルが脆弱性につながっているという。(2021/4/19)

注目される「アイソクロナスチャネル」など:
「Bluetooth 5.2」、3つの新機能を理解する
2020年1月に発表された「Bluetooth 5.2」には、新たに導入された3つの機能があります。今回は、それらの機能「Enhanced Attributeプロトコル(EATT)」「LE Power Control(LEPC)」「Isochronous (アイソクロナス)チャネル」を解説します。(2021/3/11)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(180):
WindowsのSMB v3はSMB v2より新しいが、SMB v3はSMB2である
Windowsネットワークにおけるファイルおよびプリンタ共有プロトコルの標準といえば、「Server Message Block(SMB)」です。DOS/Windows向けの初期の「LAN Manager」から続く歴史の長いこのプロトコルは、下位互換性を提供しながらバージョンアップしてきました。現在、下位互換性を維持するためには、追加の手順が必要な場合があることをご存じでしょうか。(2021/3/3)

まずはLayerscape、i.MX RTの2製品から:
NXPがCC-Link IE TSNのサポートを開始
NXP Semiconductorsは2021年2月25日、TSN(Time-Sensitive Networking)機能に対応したプロセッサおよび、マイコン製品でCC-Link IE TSNプロトコルのサポートを開始したと発表した。(2021/2/25)

「3D XPoint」を巡るIntelとMicronの争い【後編】
Intel「3D XPoint」に反転攻勢のMicron 相互接続プロトコル「CXL」が鍵に
Micron Technologyに先んじて、Intelが新メモリ技術「3D XPoint」ベースのメモリモジュールを市場投入した。今後の注目はMicron Technologyの出方だ。どのような公算があるのか。(2021/2/16)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(93):
Windows 10におけるレガシーSMBプロトコルに関する重要な変更とSMB v3新機能まとめ
Windows 10およびWindows Server 2016以降、レガシーなSMB(SMB v1やSMB v2)の扱いについて、既定の動作に幾つか重要な変更が行われています。Windows 10やWindows Server 2016以降への移行時、または機能更新プログラムによる新バージョンへのアップグレードのタイミングで、以前のWindowsネットワークになかった挙動に遭遇した場合は、変更点を確認してみてください。(2021/2/4)

FAニュース:
2つの通信プロトコルに追加対応した、スマートRFIDリーダー
IDECのスマートRFIDリーダー「KW2D形」が、通信プロトコル「EtherNet/IP」と「CC-LINK IE Field Basic」に追加対応した。また、KW2D形を本格導入する前に動作確認、検証ができる2種のスタータキットを用意した。 (2021/1/28)

FAニュース:
工作機械で「つながる」を実現、オープン通信プロトコル対応デバイスを標準搭載へ
DMG森精機は、工作機械のネットワーク接続で使用されているさまざまなオープン通信プロトコルに対応する「IoTconnector」の工作機械への標準搭載を開始した。通信専用のPC機能を持ったデバイスとなる。(2021/1/22)

「VMware Horizon」トラブルの原因と対策【後編】
VMware Horizonのブラックスクリーン問題を招く「ファイアウォール」「画面転送プロトコル」「VRAM」の問題
ファイアウォールや画面転送プロトコル、VRAMの設定によっては、「VMware Horizon」の仮想デスクトップが利用できなくなる「ブラックスクリーン」問題が発生することがある。これらの問題を説明する。(2021/1/22)

Braveが非中央集権Webをブラウズする「IPFS」をサポート 政府で禁じられたサイトへもアクセス可能に
P2P分散ファイルプロトコルを導入する意味はどこにあるのか。(2021/1/21)

自社運用計算環境と同じ使い勝手:
オンプレミスとクラウドを安全に連携したAI開発環境、産総研が汎用プロトコルだけで構築
産業技術総合研究所は日立製作所と共同で、オンプレミスとクラウドに構築した異なるシステムを安全に連携させたハイブリッドクラウドのAI開発環境を構築した。この環境に向けた汎用プロトコルだけを利用したジョブデータ管理技術も開発した。(2020/12/17)

GPSからPTPに移行へ:
PR:5Gにおける分散型ベースバンドユニット(BBU)向け時刻同期トレンド
5Gシステムでは、衛星システムからの受信が途絶えた状態でもRadio Unit(RU)へ非常に高精度な時刻を提供する必要があり、位相の同期とクリティカルな時刻サービスの制御が望まれます。このようなセキュリティおよび、レジリエンシ要件に対応するため、3Gや4Gシステムで見られたGPSに対するレジリエンスは、Precision Time Protocol(PTP)へと移行します。こうした5Gにおける時間同期について詳しく解説します。(2020/12/7)

DNSセキュリティ【前編】
DNSのセキュリティを強化する2つの新プロトコル
インターネットの根幹を支えるDNSへの攻撃は致命的な結果をもたらす。DNSが攻撃されると何が起きるのか。セキュリティを強化する2つのプロトコルとは何か。(2020/12/7)

Japan Drone2020:
ドローンの安全・効率的な飛行に不可欠な“UTM”とは何か?米国UAV動向から分析
ドローンの商用サービスが盛んになるに従い、運航管理の必要性が高まり、世界中で開発が進められている。安全かつ適切な運航を支えるために不可欠となるドローンの運行管理システム「URM」は、言うなればドローンの世界の航空管制に当たる。Japan Drone2020の講演から、NECでネットワークプロトコル、分散アーキテクチャ、データベース、機械学習などの研究開発に従事し、2017年に設立した国際的なUTMの業界団体「GUTMA」の理事も務め、産総研AIRC、理研AIP、東大情報理工にも所属し、AIを研究している中台慎二氏が世界のUTMビジネスとアーキテクチャ、標準化の動向を解説した。(2020/11/2)

「RDP」を安全に利用する【後編】
「Remote Desktop Protocol」(RDP)を危険にしないための10カ条
「リモートデスクトップサービス」(RDP)を使って安全なリモートアクセスを実現するためには、何をすればよいのか。10個のベストプラクティスを紹介しよう。(2020/10/13)

「RDP」を安全に利用する【前編】
「Remote Desktop Protocol」(RDP)を危険にする脅威とは?
「Windows」の標準機能「リモートデスクトッププロトコル」(RDP)利用時のセキュリティ確保は、新型コロナウイルス感染症対策でテレワークが続く間は特に重要だ。どのような攻撃に気を付ける必要があるのか。(2020/10/5)

オブジェクトストレージのデータを直接アーカイブ
テープをAmazon S3ストレージ化する「FUJIFILM オブジェクト アーカイブ」
FujifilmのFUJIFILM オブジェクト アーカイブは、S3プロトコルを使ってオブジェクトストレージのように振る舞い、S3のデータを直接アーカイブできる。(2020/10/2)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:あなたの知らない検索の世界
特集は特殊用途特化型検索サービスと「NVMe over TCP」、NoSQLデータベース&インメモリデータベースの3本。他に5Gプロトコルの脆弱性、Slackの最新動向、TensorFlow Liteを搭載し、JavaScriptで独自アプリも作れるスマートウォッチなどの記事をお届けする。(2020/9/13)

TCP/IPの7大脅威【中編】
ARPスプーフィング、ポートスキャン、ICMP攻撃とは? 「TCP/IP」を狙う攻撃
インターネットの基本的なプロトコル群「TCP/IP」に関するセキュリティ問題には、さまざまな種類がある。把握しておくべき攻撃手法と対策を紹介する。(2020/8/27)

FAニュース:
IO-LinkマスターでEtherCATに追加対応、5種のイーサネットプロトコルに対応
コンテックは、マルチプロトコル対応CONPROSYS IO-Linkマスター「CPSL-08P1EN」がEtherCATに追加対応になったと発表した。5種の産業用イーサネットプロトコル対応となり、ネットワークとIO-Linkデバイスとのデータ通信の幅が広がる。(2020/8/11)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(73):
新型コロナウイルス感染拡大の余波――モダンブラウザへの影響は?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な感染拡大は、IT環境や関連する製品、サービスにもさまざまな影響を与えています。例えば、Webブラウザのリリーススケジュールやセキュリティプロトコルのロックダウンのスケジュール変更などです。(2020/4/28)

ITとOTを融合したEmpress×HPE Edgelineソリューション:
PR:グローバル標準のIIoT実現のために急がれるOPC UA対応
工場内には独自仕様の通信プロトコルを使用した設備装置やFA機器が数多く存在している。グローバルなサプライチェーン/バリューチェーンから取り残されないためにも業界標準のIIoTへの対応が不可欠だ。(2020/4/27)

はじめての車載イーサネット(4):
IPパケットに載せられて運ばれるもの、UDP/TCPとその上位プロトコル
今回は、このIPパケットに載せられて送られるトランスポートレイヤー(第4層)に相当するTCPセグメント/UDPデータグラムの構造や振る舞い、そして車載イーサネットで用いられる上位プロトコルを紹介していきたいと思います。(2020/4/20)

ITとOTを融合したEmpress×HPE Edgelineソリューション
グローバル標準のIIoT実現のために急がれるOPC UA対応
工場内には独自仕様の通信プロトコルを使用した設備装置やFA機器が数多く存在している。グローバルなサプライチェーン/バリューチェーンから取り残されないためにも業界標準のIIoTへの対応が不可欠だ。(2020/4/27)

3つの注意点を整理
「WPA2」から「WPA3」への無線LANセキュリティの移行はなぜ難しいのか?
無線LANのセキュリティプロトコルを「WPA2」から「WPA3」に移行するのは単純ではない。それはなぜなのか。移行の際に注意すべき点をまとめた。(2020/4/19)

この頃、セキュリティ界隈で:
今度は「CoronaBlue」? Microsoft SMBに新たな脆弱性、手違いで情報公開のフライングも
SMSプロトコルの脆弱性は厄介だ。そこに新たな脆弱性が生まれてしまった。(2020/3/16)

SMBやTelnet、SSHプロトコルの利用が目立つ:
攻撃トラフィックが急増 エフセキュアが2019年下半期の攻撃トラフィックを調査
エフセキュアは、2019年下半期の攻撃トラフィックに関する調査レポートを発表した。2019年に発生した攻撃イベントは、2018年から大幅に増えた。SMBやTelnet、SSHプロトコルを利用した攻撃が目立った。(2020/3/13)

医療機器ニュース:
放射線技師同士をつなぐ、遠隔検査プロトコル支援システムを発売
シーメンスヘルスケアは、CTやMRI検査において、経験豊富な放射線技師が、他の場所で検査機器を操作する技師を遠隔支援するシステム「syngo Virtual Cockpit」を発売した。技師が不足している地域にも高品質な検査を提供できる。(2020/3/9)

スマート工場EXPO2020:
古い工作機械も含めた工場のスマート化へ、サイレックスがパトライトと連携
サイレックス・テクノロジーは、「第4回スマート工場EXPO」において、CNC装置に対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」と、パトライトの信号灯ワイヤレスデータ通信システム「AirGRID」を連携稼働するデモンストレーションを披露した。(2020/2/14)

FAニュース:
コグネックスがOPC UA対応のソフトウェア提供、その他のネットワーク対応も強化
コグネックスは、「In-Sight Explorer」ソフトウェアの最新版「In-Sight Explorer 5.8.0」を発売した。工場内のデバイスをつなぐ効率的でセキュアな高速通信のためのプロトコルOPC Unified Architectureをサポートする。(2020/1/23)

「ユーザーは自らを守れ」と言われても……
5Gプロトコルに深刻な脆弱性、端末の追跡、通信の窃視・切断も可能
5Gプロトコルに11件の脆弱性があることが判明した。悪用されると何が起こるのか? 想定される最悪の事態とは何か。(2020/1/17)

第4回 スマートビルディング EXPO:
デルタ電子のLOYTEC最新コントローラーは、“顔認証”などIoTへ対応
デルタ電子のビルオートメーションシステムは、日本のビル建て替え需要をターゲットに、基幹となるLOYTECのコントローラーを多様な機器に応じられる“オープン通信プロトコル”としている。現在は、スマート照明や顔認証など進化するIoTデバイスも、BAS上での一元的な制御を目指し、クラウドと連携する目的でプラットフォームにJavaScriptを採用。同時に将来的な遠隔でのビル多棟管理を見据え、Webインタフェースの開発も進めている。(2020/1/6)

組み込み開発ニュース:
アマゾンアップルグーグルの「Connected Home over IP」がスマートホームをつなぐ
アマゾン、アップル、グーグル、Zigbeeアライアンスの4者は、現時点で接続互換性が低いスマートホーム関連機器をつなげやすくすることを目的に、新たなワーキンググループ「Connected Home over IP」を結成したと発表。セキュアでロイヤリティーフリーの接続プロトコルを開発し、その採用拡大を進めていく。(2019/12/25)

Amazon、Apple、Googleがスマートホームのシームレス接続を可能にする規格開発で提携
それぞれ音声アシスタントを持つAmazon、Apple、Googleと、標準化団体ZigBee Allianceが、対応アシスタントを意識せずにスマートホーム製品を使えるようにするために、IPベースのオープンな新接続プロトコルを開発する「Project Connected Home over IP」を立ち上げた。(2019/12/19)

IoTセキュリティ:
IoTデバイス向けにTLS対応の暗号鍵保護ソフトウェアを提供開始
丸紅情報システムズは、業界標準プロトコル「TLS」に対応したホワイトボックス暗号方式による暗号鍵保護ソフトウェアの提供を開始した。保管時と使用時に暗号鍵を守れるため、重要な情報収集や制御を担うIoTデバイスで安全にデータ交換できる。(2019/12/18)

TwitterのドーシーCEO、ソーシャルメディア向け分散型オープンプロトコル開発を宣言
プラットフォームでの嫌がらせやフィルターバブルなどの問題への懸念が高まる中、Twitterのジャック・ドーシーCEOがソーシャルメディア向けの分散型オープン標準開発に取り組むと発表した。ブロックチェーンを採用することで、収益化も可能な安全なソーシャルメディアを展開できるとしている。(2019/12/12)

Keycloak超入門(最終回):
Keycloakで認可サービスを試してみよう[後編]
本連載では、近年注目されている認証プロトコル「OpenID Connect」をサポートするオープンソースのシングルサインオン(SSO)ソフトウェア「Keycloak」の活用方法を解説していきます。Keycloakの認可サービスを利用することで、アプリケーションに対して、より細やかで柔軟なアクセス制御を実現することが可能です。今回は、後編をお届けします。(2019/12/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。