• 関連の記事

「Tor」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

The Onion Router

関連キーワード

Appleの児童ポルノ対策が抱える問題【第1回】
iPhoneの「児童ポルノスキャン」計画を専門家が痛烈批判 何が駄目なのか?
「iPhone」内の画像をスキャンして児童ポルノを検出する機能を、Appleが実装計画中だと発表した。この計画は、人々のプライバシーと安全を危険にさらし、監視への悪用を招く可能性があると専門家は警告する。(2021/11/30)

神秘的な光景に圧倒される! 気象写真コンテスト入賞作の美しさにため息
自然の美が圧巻。(2021/11/13)

光伝送技術を知る(18) 光トランシーバー徹底解説(12):
光トランシーバーのForm Factorの新動向(7) 〜CPOの最新動向
次世代光インタフェースモジュールとして注目を集めているCo-packaged Optics (CPO)について解説する。CPOはOptical Internetworking Forum(OIF)に舞台を移し議論されている。(2021/10/1)

E2EEメールサービス「ProtonMail」、当局に活動家情報を提供したことについて説明
E2EEメールサービスProtonMailは、活動家のIP情報を当局に提供したことで批判されている。同社は法律を順守する義務があると説明した。ユーザーにはTorの併用を勧めた。(2021/9/7)

AWSチートシート:
サーバレスのバックエンド作成サービス「AWS Amplify」で認証認可機能付きのダッシュボードを作る
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、「AWS Amplify」で認証認可機能付きのダッシュボードを作成する方法を紹介する。(2021/8/13)

世界を読み解くニュース・サロン:
「日本企業も攻撃します」 地下サイトにあるハッカーサービスの実態
世界的に、スケールの大きいサイバー攻撃が増えている。コロナのワクチン接種率が高まれば、経済活動の再開が始まるだろう。だが、しかしである。そのタイミングを狙った攻撃も予想されていて……。(2021/7/29)

「リモート印刷」の6つのトラブルシューティング【後編】
リモート印刷を失敗させる「ファイアウォール」の“駄目な設定”とは
「リモート印刷」が失敗する場合、幾つかのトラブルシューティングを試すことで問題を解消できる可能性がある。VPNクライアントやファイアウォールの設定を確認する手順を紹介する。(2021/7/23)

家電メーカー進化論:
ニトリも認める老舗メーカー 新社長が挑む「脱・大ヒット」と「全員野球」の哲学
2009年スタートの「ルルド」は、シリーズ累計の販売台数1100万台を突破するほどの人気ブランド。ルルドを手掛けるのは、もともと折りたたみベッドなどの健康器具メーカーで、1992年創業のアテックスだ。約10年前にスタートした健康家電事業の軌跡と、今後の展望について、社長の深野道宏氏に話を聞いた。(2021/7/20)

米国務省、サイバー犯罪情報に1000万ドルの報奨金(暗号通貨で支払い)
米連邦政府は、外国の悪意あるサイバー攻撃に対処する省庁横断タスクフォースの結成を発表した。国務省は攻撃に関連する情報に最大1000万ドルの報奨金を支払う。国土安全保障省はランサムウェア関連Webサイトを立ち上げた。(2021/7/16)

「リモート印刷」の6つのトラブルシューティング【中編】
「リモート印刷ができない」を解消する「VPN設定変更」「IPアドレス接続」とは
リモート印刷が正常に機能しない場合は、順に問題を突き止めることが肝心だ。問題解決につながる可能性が高い2つの方法を紹介する。(2021/7/16)

「リモート印刷」の6つのトラブルシューティング【前編】
VPN経由の「リモート印刷」ができない原因を特定する方法
VPNを介したリモート印刷が正常に機能しないことがある。この場合、トラブルシューティングのためにどのような点を確認すればいいのだろうか。最初に確認すべき2つのポイントを紹介する。(2021/7/8)

ワクチン予約サイトのアクセス集中、特効薬は“仮想待合室”の設置にあり
アクセス負荷の分散に詳しい、アカマイ・テクノロジーズの中西一博さんが、「落ちないワクチン予約サイトの作り方」を解説する。(2021/6/21)

Windowsコンテナを標的とした新しいマルウェア「Siloscape」を発見
Windowsコンテナを標的とした新しいマルウェア「Siloscape」が発見された。このマルウェアは1年以上秘密裏に続いている大規模なサイバー攻撃キャンペーンで利用されている可能性が示唆されている。(2021/6/8)

SSH攻撃が最も多い:
ハニーポットの実験で1分当たり70件の攻撃を受ける――Comparitech.com
比較サイトComparitech.comが、ハニーポットを使ったサイバー攻撃の調査結果を発表した。ハニーポットに対して24時間で10万1545件、1分当り70件の攻撃が加えられたという。(2021/5/6)

不思議で夢のあるガラスの世界……! 動物やドラゴンを閉じ込めたようなガラスアートが幻想的
独自のガラス細工の表現でファンタジーな世界観を生み出しています。(2021/3/7)

Cygames木村唯人専務インタビュー【中編】:
シナリオライターも新卒採用 クリエイター集団を自社統率するCygamesの組織論
「プリンセスコネクト!Re:Dive」「グランブルーファンタジー」「Shadowverse(シャドウバース)」などヒット作を連発し、トップセールスを維持し続けているCygames。木村唯人専務に同社の採用制度や人材育成システムについて聞いた。(2021/2/16)

光伝送技術を知る(16) 光トランシーバー徹底解説(10):
光トランシーバーForm Factorの新動向(5) 〜ハイパースケールデータセンターの光インタフェース
今回は、光インタフェースについて、ビット速度や多重波長数、光伝送路数といった観点で解説する。(2021/2/9)

光伝送技術を知る(15) 光トランシーバー徹底解説(9):
光トランシーバーForm Factorの新動向(4) 〜ハイパースケールデータセンターとCPO実用化の行方
前回に続き、光トランシーバーをMulti-Chip Module(MCM)上に実装し、新しい光トランシーバーの市場を開こうとしているCo-Packaged Optics(CPO)実現に向けた課題などを述べる。(2021/1/18)

「リモートアクセスVPN」のリスクと代替策【後編】
リモートアクセスVPNの代替策「Smart DNS」「Tor」「Lantern」とは?
リモートアクセス時のセキュリティを確保する手段として「リモートアクセスVPN」が広く使われているが、他にも手段はある。自社の要件に合ったリモートアクセスVPNやその代替策を検討するためのポイントを紹介する。(2020/12/15)

光伝送技術を知る(14) 光トランシーバー徹底解説(8):
光トランシーバーのForm Factorの新動向(3) 〜FacebookやMicrosoftが主導するCPO
2000年以降データセンターを支えてきたSFP、QSFPなどのFront Panel Pluggable光トランシーバーから根本的に変革し、次世代の主流になるかもしれないCPOを解説する。(2020/11/16)

Windowsフロントライン:
Microsoftが2021年秋を見込むWindowsの一大プロジェクト「Sun Valley」と「Cobalt」
Windows 10の大型アップデート「October 2020 Update」がリリースされたばかりだが、次なるキーワード「Sun Valley」「Cobalt」なるものが出てきた。直近の話題を整理した。(2020/11/2)

Facebook、匿名化OS「Tails」ユーザーの正体暴く技術を開発 米FBIへ提供していたことが明らかに
米Facebookが米連邦捜査局(FBI)に協力し、犯罪者のネット上での足取りを割り出す技術を開発、提供していたことが分かったと、米ニュースサイトが報じた。この技術の利用により、ネット上での動きを“匿名化”していた性犯罪者の逮捕に至ったという。日本でも、ウイルスを使った捜査を取り入れるか検討の準備が始まっている。(2020/6/30)

この頃、セキュリティ界隈で:
おとり捜査でビットコイン追跡、児童ポルノ闇サイトを暴いた国際捜査の手法
ダークネットに逃げ込んだ児童ポルノサイトをどう摘発したのか。(2020/1/9)

「ダークアド」と私たちの個人情報の行方
私たちの個人情報は、ネット上でどのように扱われているのか。Facebookの例などを基に考える。(2020/1/7)

BBC、検閲回避目的でTor経由Webサイトを開設
英公共放送局BBCが、BBCのWebサイトへのアクセスをブロックしようとしている中国やイランなどの国民が検閲されずにコンテンツにアクセスできるようにする目的で、Torブラウザ対応URLを開設した。(2019/10/25)

政府が市民監視に利用か、主要ブラウザがカザフスタンの証明書をブロック
カザフスタンでは政府の発行した証明書のインストールが義務付けられ、ユーザーの入力した内容やパスワードなどを政府が傍受していると伝えられた。(2019/8/22)

光伝送技術を知る(7) 光トランシーバー徹底解説(1):
「光トランシーバー」は光伝送技術の凝縮
今回から、光トランシーバーについて解説する。データセンター、コンピュータや工場内ネットワークで使用される80km程度以下の中短距離光リンクを中心に、ストレージ、ワイヤレスやアクセス通信ネットワークなど、多様なアプリケーションで使用されている光トランシーバーを紹介する。(2019/7/30)

ロシア連邦保安庁の請負業者サーバへの攻撃でTor匿名化解除プロジェクトなどが暴かれる
「0v1ru$」と名乗るハッカーが、ロシアの国家諜報機関FSBの請負業者、SyTechのサーバから7.5TBのデータを盗んだとツイート。データはメディアに提供され、FSBからSyTechが請け負ったというTorの匿名化解除やメールを監視するプロジェクトが暴かれた。(2019/7/22)

@ITセキュリティセミナー:
サイバー攻撃は産業政策の一環? 日本企業が狙われる理由
@ITは2019年6月26日、東京で「@ITセキュリティセミナーロードショー」を開催した。長年、ダークウェブや日本の企業を狙った脅威の分析に当たってきたサイントの代表取締役を務める岩井博樹氏の基調講演から、「攻撃者の狙いと手口を知る」重要性をお伝えする。(2019/7/23)

ディルバート(606):
数字はうそをつかない
プレゼンに説得力を与える「数字」。ウォーリーが使えば、屁理屈もロジカルに化けるはず……。(2019/5/30)

光伝送技術を知る(6):
データセンターを支える光伝送技術 〜データセンター間を相互接続する技術
近年、地理的に分散した複数個のデータセンターを接続するデータセンター間相互接続通信(DCI:Data Center Interconnect)が注目されている。今回は、そうした技術の幾つかを解説する。(2019/5/21)

ユニットコム、「THE DIVISION2」推奨のRyzen搭載ゲーミングPCを発売
ユニットコムは、最新アクションゲーム「THE DIVISION2」推奨をうたったRyzen搭載ミドルタワー型ゲーミングPCを発表した。(2019/3/7)

半径300メートルのIT:
単なる“ネットの闇”ではない 「ダークウェブ」の正しい意味を知っていますか
最近よく見る「ダークウェブ」という言葉の意味を、皆さんは知っていますか? 「犯罪者用のネットワーク」「マルウェアが飛び交う回線?」「ダークネットと同じでは?」――これ、実は全部ハズレです。正しい知識を、一度おさらいしてみましょう。(2019/2/26)

機密情報販売サイトや詐欺サイトが多数存在
サイバー犯罪の温床「ダークWeb」の実情と対策
特定の方法でしかアクセスできない「ダークWeb」では、個人情報リーク、クレジットカード情報販売など、サイバー犯罪につながる不正活動が繰り広げられている。事例と対策方法について解説する。(2019/2/18)

クラウドベンダーなどによるサービス利用を制限したMongoDBの新ライセンス「SSPL」を理由にDebian、Fedora、RHELがMongoDBの配布取りやめを表明
MongoDBの新ライセンス「SSPL」を理由に、Debian、Fedora、RHELがMongoDBの配布を取りやめ。MongoDBは新ライセンスの中で、クラウドベンダーに対してサービス利用を制限。(2019/1/30)

海賊版サイト問題の解決を阻む「防弾ホスティング」 その歴史から現在までを読み解く
ダークウェブを日常的に調査している筆者が、防弾ホスティングについての各国の事情や歴史を解説していく。(2019/1/17)

Arm最新動向報告(2):
Armのサーバ向け戦略十年の計は実を結ぶか、新プロセッサ「Neoverse」
2018年後半に入って急激に動きを活発化させているArm。本連載では同社の最新動向について報告する。第2回のテーマはサーバ/クラウド向けの新たなブランド名として発表された「Neoverse」だ。(2019/1/16)

ディルバート(581):
親切心が地雷を踏むとき
そんなことならお安い御用……とばかりにボスを手伝おうとしたディルバートですが、やっぱりボス。そうは問屋がおろさずで……。(2018/11/22)

医療技術ニュース:
藻類のデンプン合成の仕組みを解明、環境に優しいプラスチックや医薬品へ
東京工業大学は、藻類がデンプン合成を調整する新たな仕組みとして、GLG1タンパク質のアミノ酸がリン酸化修飾を受け、リン酸化状態がデンプン合成のON/OFFを決定していることを解明した。(2018/11/22)

VMware製品との統合も強化:
Dell EMC、ハイブリッドクラウドやモダンデータセンター向けのコンバージドインフラシステムを拡充
Dell EMCは、ハイブリッドクラウドやモダンデータセンター向けの製品ポートフォリオを拡充した他、VMware製品との統合強化を発表した。(2018/11/8)

“履歴スニッフィング”攻撃の最新版:
米セキュリティ研究者、Webブラウザの履歴を不正に収集する手法を発見
カリフォルニア大学サンディエゴ校とスタンフォード大学のセキュリティ研究者が、Webブラウザの履歴を収集する不正な手法を4つ発見した。ユーザーがあるWebサイトを訪問したかどうかを高速に判定することで、結果的に履歴が漏れてしまう。(2018/11/6)

変わるWindows、変わる情シス:
第27回 もう何も信じない――セキュリティの新常識「ゼロトラストネットワーク」って何ですか?
「信頼しない」ことを前提にしたアクセス認証のシステム「ゼロトラストネットワーク」を知っていますか? 機械学習をベースにした動的ポリシーで、どんな状況にも対応できるセキュアな環境を作る……難しそうに思うかもしれませんが、Windows 10を使いこなすことで、意外と簡単に実現できるのです。(2018/9/27)

光伝送技術を知る(4):
データセンターを支える光伝送技術 〜ハイパースケールデータセンター編
今回は、エンタープライズデータセンターに続き、GoogleやFacebook、Appleなどが抱える巨大なデータセンター、「ハイパースケールデータセンター」について解説する。(2018/9/20)

「バックプレーンなし」だけではない:
Dell EMCのモジュラーインフラ「PowerEdge MX」、その仕様と用途とは
デルとEMCジャパンは2018年9月12日、モジュール型インフラ製品「PowerEdge MX」の国内における提供開始を発表した。同社はこれを「キネティックインフラ」とも呼んでいる。従来の一般的なサーバとは、構造の異なる製品だ。その仕様と用途を探る。(2018/9/13)

点から面の監視へ:
PR:フロー情報で振る舞い検知と可視化を実現、企業を内部から防御する
フロー解析技術を使うと、端末の多い大企業であっても、社内でいつ、誰が、何をしたのかを、通信トラフィックから「可視化」することができる。Flowmon ADSは、可視化した情報を基に「振る舞い検知」を取り入れることで、未知の脅威や内部犯行を常時監視する。社内に導入済みのSDNなどのネットワーク管理/制御システムとFlowmon ADSを連携させれば、運用管理者の手を借りずとも自動的にセキュリティ上の問題がある端末を切り離す「防御」が可能だ。(2018/8/27)

ダークウェブ界の大物、痛恨のミス 見えてきた“正体”
ダークウェブを調査するホワイトハッカーが、世界最大のダークウェブマーケットであるDream Marketの管理人の素性に迫る。(2018/8/8)

アルティメットサイバーセキュリティクイズ2018:
あなたは解けるか? 関西発、セキュリティクイズ大会に登場した“あんなこんな問題”
エンジニアに限らず、セキュリティに関心を持つ人々が気軽に参加できる、楽しいイベントができないか――。そんな思いを形にした「アルティメットサイバーセキュリティクイズ2018」が、2018年7月14日に大阪で開催された。(2018/7/27)

ベンダーのサポートが進む分離NOS
オープンソースのネットワークオペレーティングシステム、その機能と選び方
オープンソースのネットワーク分離スイッチは、通信事業者と比べて企業での導入が遅れているが、導入の障壁は低くなりつつある。本記事では、スイッチを導入し、分離するための検討と準備に必要なことを紹介する。(2018/7/20)

ネットワークのセキュリティとパフォーマンスをどう両立するか:
PR:“クラウド時代のファイアウォール”に不可欠な「3つの要素」とは?
Office 365をはじめSaaS利用が多くの企業に浸透し、トラフィックが増大・複雑化している近年、ネットワークのパフォーマンスとセキュリティを両立する手段にも新たなアプローチが求められている。では具体的に、企業は既存のネットワークアーキテクチャをどのように刷新すればよいのだろうか? 多くの企業の支持を獲得してきたJuniper Networksのネットワークセキュリティアプライアンス「SSGシリーズ」のサポート終了も2020年1月と間近に迫った今、同社が提供する次世代ファイアウォール「SRXシリーズ」ならではのアドバンテージに、その解を探る。(2018/7/23)

終息どころか「拡張」と「拡散」続くIoTマルウェア 警告相次ぐ
ルーターやネットワーク接続ストレージ(NAS)といった組み込み機器、広義のInternet of Thing(IoT)を狙った攻撃が世界的に拡大しており、セキュリティ企業が相次いで警告を発しています。(2018/5/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。