検索
連載

Windows 11では、タスクバーから「タスクマネージャー」を起動できませんTech TIPS

Windows 11の反応が悪くなったので、「原因を調べるために『タスクマネージャー』を起動しよう」と、タスクバーの空いているところを右クリックしても、Windows 10のようにメニューに[タスクマネージャー]は表示されない。では、Windows 11では、どうやってタスクマネージャーを起動すればよいのだろうか。その方法を幾つか紹介しよう。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 11


タスクマネージャーはどうやって起動するの?
タスクマネージャーはどうやって起動するの?
Windows 11では、タスクバーを右クリックしても、メニューに[タスクマネージャー]が表示されない。では、タスクマネージャーはどうやって起動すればいいのだろうか?

 Windows OSを使っていて、システムの反応が悪くなった(動作が重くなった)時、その原因となっているアプリケーションやサービスを特定したり、CPUやメモリ、ストレージの使用状況を確認したりするのに「タスクマネージャー」を確認することが多いのではないだろうか。

 また、「応答なし」になったアプリケーションを強制終了する際などにも、「タスクマネージャー」を起動し、アプリケーション名を右クリック、メニューで[タスクの終了]を選択していた人もいると思う(アプリケーションの強制終了方法は、Tech TIPS「エクスプローラーが『応答なし』 Windows再起動の前にエクスプローラーの再起動を試す」参照のこと)。

 このように「タスクマネージャー」は、トラブルの際に比較的よく利用されるツールの1つである。

 Windows 10までは、タスクバーの空いている部分を右クリックすると、メニューに[タスクマネージャー]があり、ここから簡単に起動できた。この方法を利用している人が大半なのではないかと思う(Windows 10のタスクマネージャーの起動方法については、Tech TIPS「【Windows 10】こんなのもある、タスクマネージャーの起動方法6種」参照のこと)。

Windows 10はタスクバーの右クリックメニューから起動できる
Windows 10はタスクバーの右クリックメニューから起動できる
Windows 10までは、タスクバーの空いているところを右クリックして、表示されるメニューの[タスクマネージャー]を選択すればタスクマネージャーが起動できた。

 ところが、Windows 11では、冒頭の画面のようにタスクバーの空いているところを右クリックしても、[タスクバーの設定]のみのメニューしか表示されず、タスクマネージャーが起動できない。また、[スタート]メニューを[すべてのアプリ]に切り替えても、「た」欄の下にも、「W」欄の下にも「タスクマネージャー」という項目が見当たらないのだ。

Windows 11の[スタート]メニューの[すべてのアプリ]画面
Windows 11の[スタート]メニューの[すべてのアプリ]画面
[スタート]−[すべてのアプリ]メニューの「W」欄や「た」欄にも[タスクマネージャー]がなく、直接[スタート]メニューからタスクマネージャーを起動することができない。

 Windows 11でタスクマネージャーはどうやって起動すればよいのだろうか。タスクマネージャーの起動方法を幾つか紹介しよう。

「クイックリンクメニュー」からタスクマネージャーを起動する

 前述の通り、Windows 11ではタスクバーの右クリックメニューからタスクマネージャーを起動することはできなくなった。次に簡単な方法は、「クリックリンクメニュー」(通称、「WinXメニュー」)からタスクマネージャーを起動する方法だろう。

 [スタート]ボタンの右クリックもしくは[Windows]+[X]キーを押し、「クイックリンクメニュー」を開く。メニューの真ん中から少し下あたりにある[タスクマネージャー]を選択すればよい。

クイックリンクメニューからタスクマネージャーを起動する
クイックリンクメニューからタスクマネージャーを起動する
[スタート]ボタンを右クリックするか[Windows]+[X]キーを押すと、「クリックリンクメニュー(WinXメニュー)」が開く。このメニューにある[タスクマネージャー]を選択することで、タスクマネージャーが起動できる。

[スタート]メニューからタスクマネージャーを起動する

 前述の通り、[スタート]メニューを[すべてのアプリ]に切り替えても、「タスクマネージャー」という項目は見つからない。Windows 11では、こうしたWindows 11の標準ツールは全て[Windowsツール]の中に収められている。

 [すべてのアプリ]メニューの「W」欄にある[Windowsツール]を選択し、[Windowsツール]フォルダを開く。この中にある[タスクマネージャー]をクリックすることで起動が可能だ。

[スタート]メニューからタスクマネージャーを起動する(1)
[スタート]メニューからタスクマネージャーを起動する(1)
[スタート]−[すべてのアプリ]メニューを開き、「W」欄の[Windowsツール]を選択する。
[スタート]メニューからタスクマネージャーを起動する(2)
[スタート]メニューからタスクマネージャーを起動する(2)
[Windowsツール]フォルダが開くので、このフォルダにある[タスクマネージャー]をクリックする。

タスクバーや[スタート]メニューにタスクマネージャーをピン留めする

 タスクマネージャーを比較的よく利用するのであれば、タスクバーや[スタート]メニューにピン留めしておくとよい。

 タスクバーにピン留めするなら、[Windowsツール]フォルダにある[タスクマネージャー]アイコンを右クリックして、メニューの[タスクバーにピン留めする]を選択するのが簡単だ。

タスクバーにタスクマネージャーをピン留めする(1)
タスクバーにタスクマネージャーをピン留めする(1)
[Windowsツール]フォルダを開き、[タスクマネージャー]を右クリックし、表示されたメニューの[タスクバーにピン留めする]を選択する。
タスクバーにタスクマネージャーをピン留めする(2)
タスクバーにタスクマネージャーをピン留めする(2)
タスクバーにタスクマネージャーがピン留めされる。

 もちろん、いずれかの方法でタスクマネージャーを起動し、タスクバーに[タスクマネージャー]ボタンが表示された状態にしておき、これの右クリックメニューから同様に[タスクバーにピン留めする]を選択してもよい。

タスクマネージャーを起動してタスクバーにピン留めする
タスクマネージャーを起動してタスクバーにピン留めする
タスクマネージャーを起動すると、タスクバーに[タスクマネージャー]ボタンが表示される。このボタンを右クリックし、メニューの[タスクマネージャー]を選択すればよい。

 [スタート]メニューにピン留めする方法は少々分かりにくい。[Windowsツール]フォルダにある[タスクマネージャー]アイコンをデスクトップなどにドラッグ&ドロップして、タスクマネージャーのショートカットを作成する。または、[Windowsツール]フォルダにある[タスクマネージャー]アイコンを右クリックして、メニューの[ショートカットの作成]を選択、表示された警告ダイアログで[はい]ボタンをクリックしてデスクトップにタスクマネージャーのショートカットを作成してもよい。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

ページトップに戻る