ネットブックで動く軽量Linuxディストリ大全(後編)
 〜 ネットブック専用にサーバ用、よりどりみどり 〜


Shin.鶴長
2009/2/25


サーバ用途の軽量ディストリビューション

 ここまで、デスクトップ用途で使うためのLinuxディストリビューションを取り上げましたが、読者の中にはサーバ用途の軽量Linuxディストリビューションに興味をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

 使わなくなったPCをサーバとして復活させるために、古くはFD(フロッピーディスク)から起動するLinuxがもてはやされ、最近ではUSBメモリディスクを利用するものが活躍しています。ブートイメージをUSBメモリやSDカードにコピーし起動することで、ディスクレスPCをルータやファイアウォールとして活用することも、大容量ディスクを搭載したPCをファイルサーバとして役立てることもできます。ディストリビューションによってはApache HTTPDやFTPDといったデーモンの設定にGUIが用意されているものもあり、市販のネットワークハードディスクに引けを取らない便利さを可能にしています。

■Devil-Linux

 
作者: DL Team
最新バージョン: 1.2.15
URL http://www.devil-linux.org/home/index.php

 Devil-Linuxは、ルータ、ファイアウォール、ファイルサーバをはじめ、Webサーバ、メールサーバ、VPNサーバなど、多くのサーバ機能を収録したディストリビューションです。Live CDとして利用します。ブートイメージをUSBメモリにコピーすることも可能で、CD/DVDドライブを搭載しないPCでも利用できます。

画面1
画面1 Devil-Linuxの起動画面

 最初のセットアップには、イメージファイル付属のサンプルファイルを使用するか、Devil-Linux起動後にsetupコマンドで作成したものを使用します。一般的なLive CDでは、起動中に作業した内容は再起動でリセットされますが、Devil-Linuxでは設定ファイルをCDに収録しておくことも、フロッピーディスクや外部メモリに書き出しておくこともできるため、再設定の必要はありません。

画面2
画面2 Devil-Linuxのセットアップ

 なおLinuxカーネルには最新の2.6系ではなく、1世代前の2.4系が使用されています。またソフトウェアの追加には、Red Hat系のRPMやDebian系のAPTではなく、LFS(http://www.linuxfromscratch.org/lfs/)と呼ばれるビルドシステムが採用されています。

 UNIXでは、バックグラウンドプロセスを「デーモン」と呼びますが、それとDevil-Linuxの名前の由来との関連性を勘ぐってしまいます(ちなみにUNIXデーモンは「daemon」とつづり、守護神の意を持ちます。なお悪魔のスペルは「demon」です)。

■Ubuntu サーバ版

 
作者: Canonical
最新バージョン: 8.10
URL http://www.ubuntulinux.jp/products/WhatIsUbuntu/serveredition

 いわずと知れた、Debian GNU/LinuxをベースにしたLinuxディストリビューション「Ubuntu」のサーバ版です。デスクトップ版はインストールメディアをLive CDとしても利用できますが、サーバ版ではインストールが必須で、Live CDの利用はできません。

画面3
画面3 Ubuntuサーバ版のインストール画面(ディスク設定)
画面4
画面4 Ubuntu サーバ版のインストール画面(サービスの選択)

 サーバとして稼働させることを目的にしており、Xウィンドウをはじめとするデスクトップ環境を一切省き、主な操作はコンソール上で行います。ビデオカードは640×480程度の解像度が表示できればよく、高スペックを必要としません。同じく、ハードディスクに300Mバイト程度の空きがあれば、最小構成でインストール可能です。

画面5
画面5 Ubuntuサーバ版のログイン画面

 Ubuntuデスクトップ版を使用している場合には、慣れ親しんだ設定方法やパッケージ管理コマンドを利用することができます。

■FreeNAS

 
作者: Olivier Cochard-Labbe、Volker Theile
最新バージョン: 0.69
URL: http://www.freenas.org/

 FreeNASはLinuxではなく、FreeBSDを基にしたディストリビューションです。Linux Squareで紹介することがはばかられますが、秀逸なサーバ系ディストリビューションとして、掲載しておきます。

画面6
画面6 FreeNASの起動画面
画面7
画面7 FreeNASコンソール上でのセットアップ

 その名のとおりファイルサーバ機能に特化しており、Sambaをはじめ、FTP、NFS、SSH、iSCSIなどさまざまなプロトコルに対応しています。またiTunes音楽ファイル共有のためのDigital Audio Access Protocol(DAAP)を使用することも可能で、多種多様なファイル共有サービスを可能にします。基本的な設定はコンソールで行いますが、Webインターフェイスも用意されています。

画面8
画面8 FreeNASのWebインターフェイス
画面9
画面9 Webインターフェイスでネットワークの稼働状況の確認
画面10
画面10 WebインターフェイスでiTunes音楽ファイル共有のためのプロトコル・DAAPの設定を実行

 Live CDとして利用するためのイメージファイルとともに、USBメモリやハードディスクに書き込むためのファイルも用意されています。

2/3

Index
ネットブックで動くLinuxディストリ大全(後編)
 ネットブック専用にサーバ用、よりどりみどり
  Page 1
 ネットブック専用Linuxディストリビューション
Page 2
 軽量Linuxディストリビューションの特徴(2)
  Page 3
 Tips 1:Live CD用ISOイメージファイルをUSBメモリで利用する
 Tips 2:Liveメディアで作業したデータを永続的に使用する
 皆さんの選択は?

Linux Square全記事インデックス


 Linux Squareフォーラム 製品情報・レビュー関連記事
特集:2007年、Linuxディストリビューションの歩みを振り返る
商用、非商用ともにメジャーバージョンアップが相次いだ2007年。主なディストリビューションを取り上げ、アップデート内容を紹介します
プロダクトレビュー[Ubuntu 7.10 日本語ローカライズド Desktop CD]
海外のみならず日本国内でも人気急上昇中のUbuntu。優れたインターフェイスを備えるとともに、豊富な機能がコンパクトにパッケージされている
特集:業務で使うデスクトップLinux カタログ
定型業務さえこなせればよいという部門も多い企業環境は、コンシューマ市場以上にLinuxへの移行が容易ともいえる。そこで、6つのLinuxディストリビューションを紹介する
特集:Linuxで動くリレーショナルデータベース・カタログ
データベースサーバのOSとしてLinuxを採用するケースが増えている。Linuxで動作する7つの主なリレーショナルデータベースを紹介する。製品導入の際の参考にしてほしい
特集:Windowsで動くXサーバ・カタログ
やや特殊な用途に用いられてきたXサーバだが、活用しだいでは普通の管理用途にも有用だ。そこで、Windowsで動作する6本のXサーバを紹介する。選択の参考にしてほしい
特集:Linuxで動くJavaアプリケーションサーバ・カタログ
アプリケーションサーバは、いま最も開発競争が激しいジャンルの1つだ。その中から、Linuxに対応する5つの商用製品を紹介する。製品導入の際の参考にしてほしい
特集:Linuxで動くWebグループウェア・カタログ
Linuxを業務用サーバに採用するケースも増えている。そこで、Linuxをサーバとして利用するWebベースのグループウェアを紹介しよう

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します


Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH