連載
» 2006年09月22日 05時00分 公開

DataGridViewコントロールでセル選択を行単位のみで行うようにするには?[2.0のみ、C#、VB].NET TIPS

[遠藤孝信,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「.NET TIPS」のインデックス

連載目次

 DataGridViewコントロールは、デフォルトではセルをクリックすると個々のセルが選択される。しかしクリックしたセルを含む行全体が選択される方が横並びのデータを認識しやすい場合が多い。

行単位でのみの選択を可能したDataGridViewコントロール
セルをクリックすると、そのセルを含んだ行全体が選択される。このモードでは個々のセルだけを選択することはできないが、セル内容の編集は個々のセルで行える。

 DataGridViewコントロールでは、セルがクリックされたときに選択される部分を、選択モードであるSelectionModeプロパティにより設定できる。行単位での選択のみにするには、これにDataGridViewSelectionMode.FullRowSelectを設定すればよい。

// 選択モードを行単位での選択のみにする
dgv.SelectionMode = DataGridViewSelectionMode.FullRowSelect;

' 選択モードを行単位での選択のみにする
dgv.SelectionMode = DataGridViewSelectionMode.FullRowSelect

SelectionModeプロパティの設定(上:C#、下:VB)
変数dgvはDataGridViewコントロールのインスタンスを参照しているものとする。

 DataGridViewSelectionMode列挙体(System.Windows.Forms名前空間)のほかの値を設定すれば、列単位での選択なども可能である*

* 列単位での選択を使用する場合には、各列のSortModeプロパティがAutomatic(これがデフォルト値)以外でなければならない。


 選択モードのデフォルト値は、行ヘッダ部分をクリックすれば行が選択され、セルがクリックされれば個別のセルが選択される「RowHeaderSelect」だ。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。