ニュース
» 2008年12月04日 00時00分 公開

マツダ、基幹システムで国内最大級の仮想化導入VMwareを使ってサーバ台数を40%削減へ

[@IT編集部,@IT]

 NECとヴイエムウェアは12月4日、マツダが両社の支援を受け、大規模なサーバ統合プロジェクトを実施していることを発表した。

 このプロジェクトでは、NECが提案したヴイエムウェアの「VMware Infrastructure 3」を利用し、2010年をめどにサーバ台数を現在から約40%削減する。具体的な台数は公開していないが、国内企業の基幹系システムにおける仮想化導入事例として最大級だという。

 NECは、今回の仮想化と集約化により、物理サーバ導入の場合と比較して約25%の省電力化が見込まれるとしている。また、保守切れに伴う大量のサーバ更新において、更新コスト(ハードウェア費用、ソフトウェア費用、人件費)の最小化と更新作業の短期化を実現する。今後はシステム管理の効率化を通じて運用コストの低減を図るという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。