ニュース
» 2009年04月02日 00時00分 公開

Windows Server 2008 R2発売に先駆けキャンペーン開始正式版の発売は秋? 夏?

[三木泉,@IT]

 マイクロソフトは4月1日、Windows Server 2008の次期バージョンである「Windows Server 2008 R2」へのアップグレード・キャンペーンを開始した。キャンペーン期間は6月30日まで。同社はWindows Server 2008 R2の発売時期を以前、2010年としていたが、このキャンペーンの終了日設定からすれば、夏のうちの発売も考えられなくはない。

 同サーバOSは4月1日現在でベータ段階だが、RC(Release Candidate:リリース候補)版は4月中に提供開始の見込み。

 マイクロソフトが今回発表したのは、Windows Server 2008 EnterpriseあるいはStandardを対象とした「ライセンス&ソフトウェアアシュアランス」(L&SA)パッケージの割引キャンペーン。Windows Server 2008 R2には追加料金なしにアップグレードできるL&SAパッケージを、通常料金に比べ最大約20%割引する。

 価格の具体例は以下の通り。

  • Windows Server 2008 EnterpriseをSelect L & SA(3年)で購入の場合42万6900円 (約15%割引)
  • Windows Server 2008 StandardをSelect L & SA(3年)で購入の場合13万1400円 (約15%割引)
  • Windows Server 2008 StandardをOpen Value L & SA(3年)で購入の場合16万8000円 (約20%割引)
  • Windows Server 2008 StandardをOpen Business L & SA(3年)で購入の場合19万5400円 (約20%割引)

 また、マイクロソフトは4月15日に、Windows Server 2008 R2の製品評価ガイドの提供を開始する。

 Windows Server 2008 R2はWindows 7と同じコードベースを持つマイクロソフトの新サーバOS。仮想化技術「Hyper-V」の新バージョン2.0を標準搭載。Hyper-V 2.0では新たに無停止で仮想マシンを別の物理サーバに移動できるライブマイグレーション機能を備える。また、仮想PC型シンクライアント環境を構築できる「Remote Desktop Services」を搭載する。PowerShellも強化されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。