ニュース
» 2009年04月23日 00時00分 公開

HAとCDPを搭載する低価格アプライアンスが発表ファルコンストアからのOEM技術を活用

[@IT]

 ネクスト・イットは4月23日、同社の「Z-BYS」(ジービス)シリーズの新製品として、HA(高可用性)機能とCDP(継続データ保護)機能を搭載したアプライアンス製品「Z-BYS(ジービス)ES」を発表した。

 これはファルコンストアからOEM提供を受けた技術に基づく製品。Windows、UNIX、Linux、Macintoshと、幅広いOSに対応したCDP機能を提供できることが特徴。また、Z-BYSが備えているHA機能を搭載し、54万8000円からという価格設定で、低価格システム/データ保護市場を開拓する。

 ネクスト・イットとファルコンストアジャパンは、共同運営によるZ-BYSのパートナープログラムを立ち上げ、初年度30社のパートナー獲得と、売り上げ10億円の達成を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。