AWS MarketplaceにCentOS、FreeBSD、Ubuntuなどが登場

AWS Marketplaceで選択できるOSが増えた。FreeBSD、CentOS、Ubuntuなど、OSS系OSが使える。

» 2012年11月26日 16時20分 公開
[鈴木聖子,@IT]

 米Amazon Web Services(AWS)は2012年11月16日、クラウドアプリのマーケットプレース「AWS Marketplace」で、FreeBSDなど3種類のオープンソースOSのサポートを追加したと発表した。

 新たにサポートされたのは、FreeBSDのほか、人気LinuxディストリビューションのDebian、フリーのエンタープライズ向けLinuxディストリビューションのCentOSの3種類。Marketplace内のOSセクションから導入できる。

CentOS CentOS.orgによる提供。64bit版/32bit版がある

FreeBSD Colin Percival氏による無償版の提供。現在は64bit版のみ

Ubuntu カノニカルによる提供。カノニカルの有償サポート付きと無償版が用意されている。64bit版/32bit版がある。有償版は$750米ドル/月+0.09米ドル/時間となっている

 併せて検索機能も強化され、それぞれのOSに対応するソフトウェアを検索できるようになった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。