Heroku、新プラットフォームAPIのパブリックβを公開他サービスとの組み合わせやモバイルアプリの構築に

Herokuは5月30日、新しいプラットフォームAPIのパブリックβを公開した。

» 2013年06月03日 15時49分 公開
[鈴木聖子,@IT]

 Herokuは5月30日、新しいプラットフォームAPIのパブリックβをリリースした。同社のPaaSを使った新しいアプリやサービスの構築に利用できる。

 新しいAPIは、Herokuの社内で使っているものと同じコマンド&コントロールAPIから派生した。HTTPおよびJSONを使ってデータを転送する仕組みで、Herokuを他のサービスと組み合わせたり、自動化、拡張したりすることが可能になる。アプリの開発やアドオンのプロビジョニングのほか、これまではHerokuツールバーやダッシュボードでしかできなかった作業にも利用できるという。

 想定される利用方法としては、スマートフォンやタブレットからHerokuをコントロールするモバイルアプリの構築、Herokuと他のサービスとの組み合わせや開発ツールとの連携、Herokuとの連携によるカスタムワークフローの自動化などを挙げている。

 Herokuは同APIのパブリックβを通じてフィードバックを取り入れていく方針で、全体的なデザインに関する意見、見落としている利用ケースがないかどうか、APIを使いやすくするための提案などを募っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。