「エンジニア診断」から自分のクラスタを知るあなたはどのタイプ?(4/5 ページ)

» 2013年07月25日 17時00分 公開
[太田智美,@IT]

診断結果2

0から1を作る人

 「1.何もないところからサービスを作るのが好き/裁量権が多く、たくさんの情報をキャッチすることが得意」を選んだ人は、0から1を作るのが得意なタイプ。経営者や研究者に多い。


1から10を作る人

 「2.プロトタイプからちゃんとしたサービスを作るのが得意」を選んだ人は、1から10を作るのが得意なタイプ。好奇心豊かな人に多く見られる。


10から100を作る人

 「3.サービスを改善し、広げていくことが得意」を選んだ人は、10から100を作るのが得意なタイプ。多くの「優秀な人」と呼ばれる人はここに入る。


 例えば、田中氏の場合は「0から1を作る人」に当てはまるという。逆に、同氏はエラー処理が苦手だったりする。そんなときは、「1から10を作るのが得意な人」に補佐してもらえばいい。やりたいことを実現するために、いかに上手に役割分担していくかがポイントだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。