連載
» 2015年09月11日 05時00分 公開

成長し続けるセキュリティ人材と悲嘆に暮れる情報流出被害者たちセキュリティクラスター まとめのまとめ 2015年8月版(2/3 ページ)

[山本洋介山(エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ),@IT]

セキュリティ・キャンプ全国大会2015開催される

 DEFCON直後の8月11日から15日には、セキュリティの知見を持ち、世の中に影響を与えられる人材を育てるためのイベント、「セキュリティ・キャンプ全国大会2015」が日本で開催されました。全国から選抜された受講者が幕張に集結しましたが、講師と受講者の中にはDEFCON参加後に、帰国したその足で駆けつけた人もいたようでした。

 2015年のキャンプは去年までと違い、低レイヤーから高レイヤーまでの4つの分野の講義が並行して開催され、その中から参加者が好きな講義を選んで受講するという形式でした。いずれの講師も各分野の第一人者といえる著名人ばかりで、若者たちをうらやむ大人たちの声も多く聞かれました。

 参加者や講師がツイートどころではない状況の中、@security_campアカウントが、時には中の人の感想を交えながら、講義の様子を随時ツイートしてくれました。これによって早朝から深夜まで濃密な講義と実習が繰り広げられたことが分かりました。中の人、本当にお疲れさまでした。頭が下がります。

 また、講義で使用された資料の多くは講義が終わってすぐに公開され、中にはセキュリティ・キャンプを知らない人にまで広くシェアされたものもありました(参考リンク:セキュリティ・キャンプ全国大会2015資料まとめ - 葉っぱ日記)。

 キャンプ終了後は参加された学生さんの感想や、CTFのWriteupがせきを切ったように公開されました。参加者のセキュリティに関するツイートもこれから増えていくといいですね(参考リンク:セキュリティ・キャンプ全国大会2015 のまとめ)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。