連載
» 2015年10月30日 05時00分 公開

ビッグデータにIoT――これからの時代に必要な「暗号プロトコル」「プライバシー」研究最前線NICTオープンハウス2015リポート セキュリティ編(3/3 ページ)

[宮田健,@IT]
前のページへ 1|2|3       

期間を限定して個を特定、自動車の「ビッグデータとプライバシー」

 自動車の渋滞情報などを集める「路車間通信」に関しても、プライバシーを保護したままデータ処理を円滑に行う手法が紹介された。路車間通信では、単純に車両からの情報を集めようとすると、悪意ある攻撃者によって偽装されたデータが送信されるなどのリスクがある。そこで考えられるのが各自動車を「認証」する仕組みだが、車両を認証により特定してしまうと、プライバシーの問題が発生する。そこで今度は、「グループ署名」の技術を使用する方式が考えられた。車両の特定までは行わず、車両が「正当なグループに属するものかどうか」のみを検証する手法だ。しかしこの方法では、「特定の車両から連続して取得できるデータ」を活用できないという新たな問題が発生してしまった。

 そこでNICTでは、「期間に依存した匿名性を持つグループ署名」を研究している。基本的にはグループ署名を用いて、ある特定のグループ全体を署名する方式をとりながら、特定の期間においてのみ、車両の同定を可能にする技術だ。

 この方式では、計算量の「軽量化」が実現できるのも重要なポイントだ。実証実験ではラズベリーパイを利用しており、CPUパワーがない状況でも、現実的な計算量での実現が可能だという。

セキュリティ基盤研究室による「軽量グループ署名と路車間通信におけるプライバシー保護」発表ポスター(クリックで拡大します)

【関連記事】

クラウド時代の暗号化技術論(8):

まだまだ広く深い、暗号の世界――匿名認証や電子投票に利用される「ブラインド署名」「グループ署名」「ゼロ知識証明」(@IT)

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1510/20/news007.html


 この他、NICTオープンハウス 2015では、ネットワーク部門でも多くの研究成果が発表された。ネットワーク関連の技術に関しては、別記事で紹介したので、ぜひ参照してほしい。

【関連記事】

NICTオープンハウス2015リポート:

模型飛行機にP2PにSNS――災害に強い情報通信ネットワークに必要な技術とは(@IT)

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1510/31/news009.html


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。