連載
» 2016年06月03日 05時00分 公開

いつでも、どこからでも使える、Windows Server 2016向けリモート管理ツール「サーバー管理ツール」vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(50)(2/2 ページ)

[山市良,テクニカルライター]
前のページへ 1|2       

「サーバー管理ツール」で何ができるのか?

 「サーバー管理ツール」をリモートのサーバに接続すると、「ダッシュボードブレード」にプロセッサとメモリのパフォーマンスグラフが表示されます(画面3)。オプションでディスクパフォーマンスの監視を有効化することができます。ダッシュボードの上部のアイコンを使用すると、再起動やシャットダウン操作をリモートから実行できます。

画面3 画面3 「ダッシュボードブレード」には、オンプレミスのサーバのプロセッサやメモリのパフォーマンスグラフを表示できる

 管理ツールとしては、Windows標準の「イベントビューアー」「サービス」「タスクマネージャー」「レジストリエディター」(画面4)と同等、あるいはこれらのツールの一部の機能が提供されますが、リモートサーバのWindows PowerShellセッションに対話的に接続する機能があるため、これを利用すれば事実上、管理作業のほとんどを実行できるでしょう(画面5)。

画面4 画面4 「レジストリエディター」を使用すると、レジストリの参照と編集をリモートから実行できる
画面5 画面5 リモートサーバのPowerShellセッションに簡単に接続でき、対話的にコマンドラインを実行したり、「スクリプトエディター」でスクリプトを作成して実行したりできる

 2016年6月現在、「サーバー管理ツール」では以下の管理機能と管理ツールを利用できます。

管理機能 内容
プロパティ OSのバージョン、ハードウェアモデル、プロセッサ、メモリ容量、ディスク容量の表示(画面3)
コンピューターID コンピューター名とドメイン構成の表示と設定
ローカルのAdministrators Administratorsローカルグループのメンバーの表示と追加
IPアドレス ネットワークアダプターごとのIPアドレス情報の表示と設定
Windows Update 利用可能な更新プログラムの確認、インストール、再起動のスケジュール、インストール履歴の表示(画面6、画面7)

管理ツール 内容
PowerShell PowerShellの対話的な実行およびスクリプトエディター(画面5)
イベントビューアー イベントログの表示
サービス サービスの状態表示とサービスの開始/停止/一時停止/再開
デバイスマネージャー デバイスのプロパティとドライバ情報の表示、デバイスの有効化/無効化
プロセス プロセスの表示とプロセスの実行
レジストリエディター レジストリの参照と編集(画面5)
ロールと機能 「サーバーの役割と機能」のインストール状況の表示

 「Windows Update」の機能は、2016年5月から利用可能になった新機能です。この機能を利用すると、利用可能な更新プログラムを確認し、インストール後に再起動が必要な場合の再起動スケジュールを設定して、更新プログラムのインストールを開始できます(画面6)。また、インストールされた更新プログラムの履歴も確認できます(画面7)。

画面6 画面6 2016年5月から利用可能になったWindows Updateの機能。画面はNano Serverを対象に実行しようとしているところ
画面7 画面7 Windows Updateの機能は、更新の履歴の表示にも対応

 Windows Server 2016 TP4およびTP5のNano Serverは、WMI(Windows Management Instrumentation)のためのWindows Updateプロバイダーを提供するだけで、Windows Updateを簡単に実行できる機能を標準では備えていません。手動で更新するには、PowerShellの複雑なコマンドラインを実行する必要があります。「サーバー管理ツール」は現在利用できる、Nano Serverの最も簡単な更新方法といえるでしょう。前出の画面6は、Nano Serverに対してWindows Updateを手動実行しているところになります。

筆者紹介

山市 良(やまいち りょう)

岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Cloud and Datacenter Management(Oct 2008 - Sep 2016)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。マイクロソフト製品、テクノロジーを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手掛ける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。