連載
» 2016年06月29日 05時00分 公開

企業ユーザーもクラウドでWindows 10設定のローミングが可能に──Enterprise State RoamingMicrosoft Azure最新機能フォローアップ(19)(2/3 ページ)

[山市良,テクニカルライター]

利用にはAzure AD Premiumのライセンスが必要

 Azure AD参加は、無料版のAzure ADのディレクトリ(Microsoft AzureまたはOffice 365サブスクリプション契約が必要)の標準機能として利用可能です。ただし、Enterprise State Roamingを利用するには、有料の「Azure AD Premium」またはAzure AD Premiumを含む「Enterprise Mobility Suite」ライセンスを購入する必要があります(画面3)。どちらも、30日間の無料で評価できる試用版が用意されています。

画面3 画面3 Enterprise State Roamingを利用するには、Azure AD Premiumライセンスが必要

 Azure AD Premiumライセンスを追加したAzure ADのディレクトリでは、「構成」ページの「デバイス」に「設定とエンタープライズアプリデータの同期が許可されるユーザー」というオプションが表示されます。このオプションを「すべて」に切り替えることで、Azure ADのディレクトリに登録されている全ての組織アカウントでEnterprise State Roamingが有効になります。ここで「選択済み」を選択すると、Azure ADの特定のセキュリティグループに対してEnterprise State Roamingを有効化できます(画面4)。

画面4 画面4 Azure AD PremiumライセンスのAzure ADでは、「設定とエンタープライズアプリデータの同期が許可されるユーザー」を構成することで、Enterprise State Roamingを利用可能にできる

 Azure ADのディレクトリ管理者が行う設定は、ディレクトリで「設定とエンタープライズアプリデータの同期が許可されるユーザー」オプションを構成するだけです。Azure AD参加でセットアップされたPCに組織アカウントのIDでサインインすると、サインアウト時にWindowsの設定とアプリのデータがクラウドに送信され、Azure AD参加がセットアップされた別のPCに同じ組織アカウントのIDでサインインすると、クラウドに保存された設定が同期されます(画面5画面6)。

画面5 画面5 Azure AD参加のPCに組織アカウントのIDでサインインして、WindowsのテーマやIEの設定、Microsoft Edgeの設定を構成し、サインアウトする
画面6 画面6 Azure AD参加の別のPCに同じIDでサインインすると、クラウドに保存されたWindowsの設定とアプリのデータが同期される

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。