連載
» 2017年03月13日 05時00分 公開

FTPサーバーを理解しよう基礎から理解するLinuxサーバー[Cent OS 7.0編](5)(2/2 ページ)

[中島能和,著]
前のページへ 1|2       

vsftpdの設定をしよう

 vsftpdの設定は、設定ファイル/etc/vsftpd/vsftpd.confで行います。設定ファイルの変更にはrootユーザーの権限が必要です。

参考情報

設定ファイルの多くは「.conf」という拡張子が付けられていますが、これはconfigure(設定)の略です。


 まず、編集する前に、ファイルのバックアップをとっておきましょう。こうすれば、編集に失敗して動作がおかしくなったり、何か不具合があったときに簡単に元の状態に戻せます。ここでは、vsftpd.conf.bkというファイル名でコピーしています。

vsftpd.confファイルのバックアップを作成する

参考情報

このcpコマンドを実行するにはroot権限が必要です。/etc/vsftpdディレクトリはrootユーザーしか書き込めないからです。


ONEPOINT

 バックアップファイル名は「vsftpd.conf.20150130」のように日付を入れておいてもよいですね。


 nanoエディタを使ってこのファイルを開きましょう。

/etc/vsftpd/vsftpd.confを開く
/etc/vsftpd/vsftpd.conf

 まずは、12行目にカーソルを移動します。[Ctrl]+[W]、[Ctrl]+[T]の順に押すと「Enter line number, column number:」と表示されて行番号を入力できる状態になるので、「12」と入力し、Enterキーを押すと、カーソルが12行目に移動します。

12行目に移動

 12行目は「anonymous_enable=YES」となっています。vsftpd.confは、このように「設定名=設定値」という書式になっています。これを次のように書き換えます。

/etc/vsftpd/vsftpd.conf(12行目)
anonymous_enable=NO

 このようにすることで、匿名FTP機能を無効にします。通常のFTPサーバーでは、安全のため匿名FTP機能は無効にしておいた方がよいでしょう。

 同様に、/etc/vsftpd/vsftpd.confファイルを次表の通り書き換えていきましょう。

/etc/vsftpd/vsftpd.confファイルの変更箇所
変更前 変更後
82 #ascii_upload_enable=YES ascii_upload_enable=YES
83 #ascii_download_enable=YES ascii_download_enable=YES
114 listen=NO listen=YES
123 listen_ipv6=YES listen_ipv6=NO

 簡単に解説しますね。

 82〜83行目は、ASCIIモードでの転送を有効にする設定です。いずれも行頭の「#」を削除して、コメント行ではないように変更します。このように、コメントマーク(#)を削除するだけで設定を有効にできるようになっていることがよくあるので、便利ですね。

参考情報

FTPにはASCIIモードとバイナリモードがあります。ASCIIモードではOSごとの改行コードの違いを自動的に調整してくれます。


ONEPOINT

 設定ファイルに記述する場合は、サンプルの書式がコメントとして用意されていないか確認しましょう。


/etc/vsftpd/vsftpd.conf(一部)
ascii_upload_enable=YES
ascii_download_enable=YES

 114行目はIPv4での接続を待ち受けるかどうか、123行目はIPv6での接続を待ち受けるかどうかの設定です。デフォルトでは、IPv6のみが有効になっていて、IPv4は無効になっています。そこで、次のように変更します。

/etc/vsftpd/vsftpd.conf(一部)
listen=YES
listen_ipv6=NO

 ここまで設定を変更したら、変更を保存([Ctrl]+[O]を押してEnterキー)してから終了([Ctrl]+[X])します。これで設定は終了です。

まとめ

  • FTPはファイルを転送するプロトコルで、FTPサーバーとFTPクライアントで構成されます
  • 匿名FTPを使うと不特定多数にファイルを配布できます
  • FTP通信は暗号化されないので安全とはいえません
  • CentOSではFTPサーバーとしてvsftpdが利用できます
  • vsftpdは設定ファイル/etc/vsftpd/vsftpd.confで設定します

たった2日でわかる Linuxサーバー Cent OS 7.0対応

たった2日でわかる Linuxサーバー Cent OS 7.0対応

中島能和著
秀和システム 2500円(税別)
Linuxサーバーの学習をしたいがマシンは1台しかない……。覚えることが多すぎる……。あなたは、そんな理由でLinuxサーバーの学習をあきらめていませんか? 本書は、WindowsやMac上で動くLinuxを使って、サーバー構築のノウハウを解説します。初心者を対象としているので、あれもこれもと欲張ってたくさんの説明をするのではなく、まずは2日間で基礎部分だけをしっかり解説します。サーバ構築の基本スキルが身につきます。

注文ページへ


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。