NTT Com、Enterprise CloudでRancherによるプライベートコンテナサービス提供へ2017年10月に提供開始予定

NTTコミュニケーションズは2017年7月6日、Rancher Labsのコンテナ管理ソフトウェア「Rancher」を使ったプライベートコンテナサービスを、NTT Comのクラウドサービスである「Enterprise Cloud」のメニューとして、2017年10月に提供開始する予定であることを発表した。

» 2017年07月07日 08時41分 公開
[三木泉@IT]

 NTTコミュニケーションズは2017年7月6日、Rancher Labsのコンテナ管理ソフトウェア「Rancher」を使ったプライベートコンテナサービスを、NTT Comのクラウドサービスである「Enterprise Cloud」のメニューとして、2017年10月に提供開始する予定であることを発表した。

 Rancherは、短く表現すれば、コンテナ関連のさまざまなコンポーネントを統合して使いやすくしてくれる管理ツール。コンテナエンジン、コンテナレジストリ、コンテナオーケストレーション/スケジューリング、ユーザー認証、コンテナネットワーキング、コンテナストレージなどをまとめ、ユーザーのためのグラフィカルなインターフェースを提供。ユーザーはコンテナおよびクラスタの作成・削除、スケールイン/アウト、稼働監視などができる。使いやすさで人気がある。

企業にとって使いやすいコンテナ環境を提供する

 NTT Comは、このソフトウェアを採用し、大規模企業のためのプライベートコンテナサービスを提供するという。顧客単位で専用の環境を構築・運用し、閉域網で接続できるため、セキュリティを気にするユーザー組織に適しているという。

 一方、NTTPCコミュニケーションズは、同社のクラウドサービス「WebARENA」のメニューとして、中堅・中小企業向けパブリックコンテナサービスを2017年中に提供する予定という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。