Googleはインターネットを再構築したいのか(前編)「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(9)(3/3 ページ)

» 2017年09月07日 05時00分 公開
[Timothy Prickett Morgan, The Next Platform]
前のページへ 1|2|3       

ルーターの考えるべきことを減らし、シンプル化

 われわれがEspressoで行うことは、アプリケーション信号を使って、次のような問い合わせや依頼をして処理をさせることだ。「このネットワーク内のこのユーザー層に対し、この経路を取る場合、どのくらいうまくいく? うまくいくなら、この経路を使わせてほしい。うまくいかない場合は、使用可能な別の選択肢の一部を考えさせてほしい。選択肢は例えば、ニューヨークのペアリングロケーションにあるかもしれないし、ワシントンDCやニュージャージーか近くのどこかのペアリングロケーションにあるかもしれない」

 言い換えれば、「どうすればネットユーザーへの通信に使用可能な全ての場所の間でトラフィックのバランスを取り、最適なパフォーマンスを提供できるのか」と問い合わせて処理をさせることだ。

 われわれが実現したのは2つのことだ。1つは、ルーターの設計をシンプルにしたこと。つまり、われわれがわれわれのネットワークのエッジで使う必要があるルーターは格段にシンプルで効率的になり、省スペース化や省電力化も進みコストが低下している。だが、さらに重要なもう1つのことは、われわれのネットワークが、これまでよりはるかにインテリジェントな判断をリアルタイムに行えるようにしたことだ。

出典:How Google Wants To Rewire The Internet(The Next Platform)

筆者  Timothy Prickett Morgan

IT industry analyst, editor, journalist


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。