連載
» 2018年10月11日 05時00分 公開

Windows 10のOSイメージ展開の新常識(その1)――推奨パーティション構成企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(34)(2/2 ページ)

[山市良,テクニカルライター]
前のページへ 1|2       

推奨パーティション構成でWindows 10をクリーンインストールする方法

 これからWindows 10を導入するという企業も多いはずです。その際、大量のクライアントPCをセットアップするために、ベアメタルPCへのイメージ展開の手法をとることもあるでしょう。その場合は、推奨パーティション構成を採用し、十分な容量の回復パーティション(最小1GB、推奨2GB)を準備することをお勧めします。

 推奨パーティション構成は、Windows 10のどのバージョンを展開するのかに関係なく、採用しください。なぜなら、回復パーティションに十分な領域がない場合や、Windowsセットアップの既定にまかせてインストールすると、Windows 10 バージョン1803のクリーンインストールではWinREがC:ドライブにセットアップされるという問題の影響を受けます。

 それ以前のWindows 10をクリーンインストールする場合でも、バージョン1803以降へのアップグレード時に余計な回復パーティションが追加作成されることになります。

 Windowsセットアップを使用して、推奨パーティション構成でWindows 10をクリーンインストールするには、次の手順でインストールします。

●手順(1)

 Windows 10のインストールメディアでPCを起動し、Windowsセットアップを開始します。

●手順(2)

 Windowsセットアップのウィンドウが表示されたら、[Shift]+[F10]キーを押して、コマンドプロンプトを開きます。このコマンドプロンプトは「Windowsプレインストール環境(Windows Preinstallation Environment:WinPE)」のコマンドプロンプトで、X:ドライブ(RAMディスク)に展開されたWindowsイメージから起動されています。

●手順(3)

 コマンドプロンプトで「notepad X:\CreatePartitions-BIOS.txt」(BIOS/MBRベースのPCの場合)、または「notepad X:\CreatePartitions-UEFI.txt」(UEFI/GPTベースのPCの場合)と入力し、「メモ帳」で以下の内容を記述して上書き保存します。

select disk 0
clean
create partition primary size=100
format quick fs=ntfs label="System"
active
create partition primary
shrink minimum=1024
format quick fs=ntfs label="Windows"
create partition primary
format quick fs=ntfs label="Recovery"
set id=27              
list volume
exit
▲BIOS/MBRベースのPCの場合
select disk 0
clean
convert gpt
create partition efi size=100
format quick fs=fat32 label="System"
create partition msr size=16
create partition primary 
shrink minimum=1024
format quick fs=ntfs label="Windows"
create partition primary
format quick fs=ntfs label="Recovery tools"
set id="de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac"
gpt attributes=0x8000000000000001
list volume
exit
▲UEFI/GPTベースのPCの場合

 この例では回復パーティション用に1GB(1024MB)を割り当てています(画面2)。それ以上のサイズを割り当てる場合は、「shrink minimum=<サイズ(MB)>」の行で調整してください。

画面2 画面2 WinPEのコマンドプロンプトでパーティションを手動で構成する(この例はUEFI/GPTベースのPCの場合)

●手順(4)

 テキストファイルを準備したら、コマンドプロンプトで「DiskPart /s X:\CreatePartitions-BIOS.txt」(BIOS/MBRベースのPCの場合)、または「DiskPart /s X:\CreatePartitions-UEFI.txt」(UEFI/GPTベースのPCの場合)と入力して実行します。この操作で、推奨パーティション構成が作成されます(画面3)。

画面3 画面3 「DISKPART」コマンドを実行して、推奨パーティション構成を作成する(この例はUEFI/GPTベースのPCの場合)

●手順(5)

 コマンドプロンプトを終了し、Windowsセットアップを使用してクリーンインストールを行います。「Windowsのインストール場所を選んでください」画面では、BIOS/MBRベースのPCの場合は「ドライブ0 パーティション2:Windows(プライマリ)」を、UEFI/GPTシステムの場合は「ドライブ0 パーティション3:Windows(プライマリ)」を指定します(画面4)。後は、通常通りにインストールを進めます。

画面4 画面4 「DISKPART」コマンドで作成したWindowsパーティションを指定してインストールを進める

 以上の手順でクリーンインストールすることで、最小のパーティション数と最適なパーティションサイズでWindows 10とWinREを適切にセットアップできます。コマンドプロンプトやWindows PowerShellを管理者として開き、「reagentc /info」を実行すると、WinREのセットアップ状況を確認できます(画面5)。

画面5 画面5 推奨パーティション構成(最小のパーティション数と適切なサイズ)でWindows 10がセットアップされた

 なお、イメージ展開用のマスターイメージを取得するためのPCにインストールする場合は、推奨パーティション構成にこだわる必要はありません。なぜなら、イメージ化するのはC:ドライブだけですし、推奨パーション構成はイメージ展開の際に実装すればよいからです。次回は、イメージ展開のための「システムイメージの一般化(Sysprep)」のポイントを説明します。

筆者紹介

山市 良(やまいち りょう)

岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Cloud and Datacenter Management(Oct 2008 - Sep 2016)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。Microsoft製品、テクノロジーを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手掛ける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。近著は『Windows Server 2016テクノロジ入門−完全版』(日経BP社)。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。