ニュース
» 2021年08月19日 08時00分 公開

サイバーセキュリティの実践状況をセルフチェックできる診断ツールをIPAが公開同業種平均との比較などの機能を追加した正式版

IPAのセキュリティセンターは、「サイバーセキュリティ経営可視化ツール」の正式版を公開した。β版に対して同業種平均との比較や対策が不十分な場合の参考情報の提示、回答のヒントといった機能を追加した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IPA(情報処理推進機構)のセキュリティセンターは2021年8月17日、「サイバーセキュリティ経営可視化ツール」を公開した。企業が自社のサイバーセキュリティの実践状況をセルフチェックできる。

画像 可視化ツールの診断の流れ(出典:IPA

 チェックする内容は、経済産業省とIPAが2017年11月に公開した「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」に基づいている。従業員300人以上の企業や組織での利用を想定している。

「エビデンスを基に責任者が回答することで正確な可視化が可能」

 セルフチェックはWebサイトに表示された設問に回答する形で進める。設問はサイバーセキュリティ経営について39問、事業内容について8問が用意されている。回答された内容を基に、セキュリティの診断結果と関連するプラクティスを表示する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。