連載
» 2021年08月20日 05時00分 公開

クラウドPC「Windows 365」で仕事環境を構築してみたWindows 365入門(2/2 ページ)

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]
前のページへ 1|2       

リモートデスクトップアプリでクラウドPCを使う

 クラウドPCは、Webブラウザで接続できる他、リモートデスクトップアプリを使って接続することもできる。ただしWindows OSから接続する場合、標準装備のリモートデスクトップクライアント(mstsc.exe)ではなく、別途提供されているアプリをインストールして利用する必要がある。

 そのリモートデスクトップアプリをインストールするには、まずWebブラウザでWindows 365の管理画面を開き、「クリックアクション」欄の[リモートデスクトップのダウンロード]をクリック、[Microsoftリモートデスクトップアプリ]画面を開く。ここでインストール先のクライアントOS名をクリックすることでインストーラーなどがダウンロードできる。

 Windows OS用には、x64(64ビット)/x86(32ビット)/Armの各バージョンが提供されている。またmacOSやiOS、Android向けのアプリもそれぞれ用意されている(それぞれのアプリストアからダウンロードできる)。

前のページへ 1|2       

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。