ニュース
» 2021年09月02日 16時00分 公開

AIシステム市場は2025年に2040億ドル超に、IDC予測2021〜2025年の年平均成長率は24.5%

IDCによると、世界のAIシステム支出は2021年に853億ドルに達し、2025年には2040億ドル以上へと増加する見通しだ。2021〜2025年の年平均成長率は24.5%になるという。業種別やユースケース別、技術別、地域別の展望も示した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDCは2021年8月30日(米国時間)、世界のAIシステム支出が2021年に853億ドルに達し、2025年には2040億ドル以上へと増加するとの見通しを発表した。AIシステム支出について、2021〜2025年の年平均成長率は24.5%になるという。

 あらゆる業種の企業や組織が、顧客に関する優れた洞察や従業員の効率アップ、イノベーションの加速などによる競争優位の実現を目指し、AI投資を増やしていると、IDCは述べている。

 IDCのAIおよび自動化リサーチ担当グループバイスプレジデントであるリツ・ジョティ氏は、AIの導入状況を次のように説明している。「現在は、既存業種の効率を最適化する商用アプリケーションの開発に関するAIノウハウが注目されている。AIの導入が加速し、スマートで直感的なML/DL(機械学習/ディープラーニング)アルゴリズムが増えれば、新しい産業やビジネス分野が興り、ビジネスを収益化する新しい機会が生まれるだろう」

 IDCはAI市場の今後の動向を、業種別やユースケース別、技術別、地域別の観点から展望している。

業種別に見たAI市場

 業種別では、小売りと銀行の2業種のAIソリューション支出が今後5年間、最も多くなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。