ニュース
» 2021年09月08日 16時30分 公開

Microsoft、WebブラウザでMLモデルを実行できる「ONNX Runtime Web」を公開速度を犠牲にせず、ポータビリティーが向上する

Microsoftはあらゆる機械学習(ML)モデルを実行できる「ONNX Runtime Web」を公開した。オープンソース推論エンジン「ONNX Runtime」の新機能だ。JavaScript開発者はMLモデルをWebブラウザで実行、デプロイできる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2021年9月2日(米国時間)、「ONNX Runtime」の新機能「ONNX Runtime Web」(ORT Web)を公開した。

 ORT Webを利用することで、JavaScript開発者は機械学習(ML)モデルをWebブラウザで実行、デプロイできる。さらにORT Webは、新タイプのオンデバイスコンピュテーションの実現を支援する。

 ORT Webは、近いうちに非推奨となる「onnx.js」に取って代わるものだ。サーバ側とクライアント側の推論パッケージでのより一貫した開発者エクスペリエンスや、改善された推論パフォーマンス、対応するモデルの拡大といった機能強化が施されている。

ONNX Runtimeとは?

 ONNX RuntimeはあらゆるMLモデルを実行できるオープンソースのクロスプラットフォーム推論エンジン。「TensorFlow」「PyTorch」「SciKit Learn」など、主要な全てのトレーニングフレームワークをサポートしている。AI開発者がさまざまなハードウェアプラットフォームやソフトウェアプラットフォームでMLモデルを容易に実行できることが目的だ。

 ONNX Runtimeはサーバ側推論を高速化する他、「ONNX Runtime 1.5」以降では、「ONNX Runtime for Mobile」も用意されている。Webブラウザ内の推論にフォーカスしたORT Webは、「ONNX Runtime 1.8」で新たに導入された。

ORT WebによるWebブラウザ内推論にはどのようなメリットがあるのか

 MLベースWebアプリケーションをWebブラウザで実行することが、AIコミュニティーの注目を集めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。