連載
» 2021年11月16日 05時00分 公開

セッションごとのWorkspace Memoryに関する情報を出力するSQL Server動的管理ビューレファレンス(61)

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、セッションごとのWorkspace Memoryに関する情報の出力について解説します。

[椎名武史,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回は動的管理ビュー「sys.dm_exec_query_memory_grants」における、セッションごとのWorkspace Memoryに関する情報の出力について解説します。対応バージョンは、SQL Server(サポートされている全てのバージョン)です。

概要

 ハッシュ操作や並べ替え操作が必要になった場合、まずメモリ上に「Workspace Memory」と呼ばれる作業領域を確保して操作を実行します。インスタンス全体のWorkspace MemoryはパフォーマンスカウンターのSQL Server:Memory Managerオブジェクトで確認できます。

 インスタンス全体で使用できるWorkspace Memoryが枯渇した場合、Workspace Memoryの確保待ちで処理遅延が発生する可能性があるため、どのクエリがどの程度Workspace Memoryを使用しているのかを把握する必要があります。「sys.dm_exec_query_memory_grants」を実行すると、セッションごとのWorkspace Memoryに関する情報を出力します。

出力内容

列名 データ型 説明
session_id smallint このクエリが実行されているセッションのID
request_id int 要求のID
scheduler_id int スケジューラのID
dop smallint 並列処理の程度
request_time datetime このクエリがメモリ許可を要求した日付と時刻
grant_time datetime このクエリのメモリが許可された日付と時刻
requested_memory_kb bigint 要求されたメモリの合計量
granted_memory_kb bigint 許可されているメモリの合計量
required_memory_kb bigint このクエリを実行するために必要な最小メモリ
used_memory_kb bigint この時点で使用されているメモリ量
max_used_memory_kb bigint この時点までに使用された最大メモリ量
query_cost float クエリの推定コスト
timeout_sec int このクエリがメモリ許可要求をやめるまでの秒数
resource_semaphore_id smallint このクエリが待機しているリソースセマフォのID
queue_id smallint このクエリがメモリ許可を待機している待機キューのID
wait_order int 待機クエリの順番
is_next_candidate bit 次のメモリ許可の候補
wait_time_ms bigint 待機時間
plan_handle varbinary(64) このクエリプランの識別子
sql_handle varbinary(64) このクエリテキストの識別子
group_id int ワークロードのグループID
pool_id int ワークロードグループが所属するリソースプールのID
is_small tinyint 小さなリソースセマフォの使用有無
ideal_memory_kb bigint カーディナリティの推定に基づいた必要メモリサイズ
reserved_worker_count int 確保されたワーカー数
used_worker_count int この時点で使用されているワーカー数
max_used_worker_count int この時点までに使用された最大ワーカー数
reserved_node_bitmap bigint ノードを識別するためのビットマップ

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。