ニュース
» 2021年11月17日 08時30分 公開

データクラウドのSnowflakeがPythonをネイティブサポート、非構造化データ処理などの新機能も発表データベース複製速度は55%向上も

クラウドデータウェアハウスのSnowflakeが、Pythonをネイティブにサポートする。これにより、データエンジニアリング用の言語として人気が拡大する Python の開発者にアビールする。他にも非構造化データ処理、マーケットプレイス機能の強化、アカウントレプリケーションなどが発表された。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 クラウド型のデータウェアハウス(DWH)を核にデータサービスを展開するSnowflake は2021年11月16日(米国時間)、同社イベントSNOWDAYで、Snowflakeの開発者向けフレームワークSnowparkにおけるPythonのネイティブサポートを発表した。

Snowflake 製品担当シニアバイスプレジデントのクリスチャン・クレイナマン氏

 Snowflakeの開発者向けフレームワークSnowparkでは、これまでJava と Scalaに対応してきた。今回、データエンジニアリングやデータサイエンスの開発言語として人気が高まるPythonに対応することで、より幅広い開発者にアピールする。新機能により、Python開発者はデータをコピーすることなく、直接処理ができるようになる。

 Snowflakeでは、その拡張性を生かしつつ、それぞれの開発者が同じデータを対象として好みの開発言語を使って共同作業を行えると、製品担当シニアバイスプレジデントのクリスチャン・クレイナマン氏は説明した。

 「セキュリティやガバナンスを考慮しないのであれば、Pythonのランタイムをホストすることは比較的簡単だ。だが、私たちは企業顧客に対し、サンドボックス化された安全な環境を保証し、さらにPythonの利用を楽にするためのライブラリの整備を合わせて提供したかった」(クレイナマン氏)。これに時間を要したという。

 新機能「Snowpark for Python」は、プライベートプレビューとして発表された。つまり限定ユーザーのみが内々に利用できる段階。 クレイナマン氏によると、パブリックプレビューとして幅広いユーザーが試せるようになる時期の目標は、2022年上半期に置いているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。