クエリオプティマイザーの操作統計に関する情報を出力するSQL Server動的管理ビューレファレンス(62)

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、クエリオプティマイザーの操作統計に関する情報の出力について解説します。

» 2021年11月22日 05時00分 公開
[椎名武史@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回は動的管理ビュー「sys.dm_exec_query_optimizer_info」における、クエリオプティマイザーの操作統計に関する情報の出力について解説します。対応バージョンは、SQL Server(サポートされている全てのバージョン)です。

概要

 オプティマイザーによるクエリのコンパイルは短時間であるため、オプティマイザーの状況を確認する資料はあまり多くありません。

 「sys.dm_exec_query_optimizer_info」を実行すると、クエリオプティマイザーの操作統計に関する情報を出力します。

出力内容

列名 データ型 説明
counter nvarchar (4000) オプティマイザーの統計イベントの名前
occurrence bigint このカウンターに関する最適化イベントの出現回数
value float イベントの発生ごとの平均プロパティ値

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。