ニュース
» 2021年12月13日 16時00分 公開

GitHubに新しいコード検索機能が登場スケーラブルで高速、正確な検索

GitHubはコード検索機能のテクノロジープレビュー版を発表した。GitHubが一から構築したコード専用の検索エンジンをベースにしている。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 GitHubは2021年12月8日(米国時間)、コード検索機能のテクノロジープレビュー版を発表した。このコード検索機能は、GitHubが一から構築したコード専用の検索エンジンをベースにしており、既存の検索機能を大幅に改善した。

コード検索機能のテクノロジープレビュー版を利用したところ(出典:GitHub

 テクノロジープレビューを利用するには、ウェイティングリストに登録し、GitHubから承認の連絡を待つ。その後、https://cs.github.comからログインすればよい。コード検索の新しいユーザーインタフェースが用意されている。良好なフィードバックが得られ、広範な導入の準備が整った段階で、コード検索機能をgithub.comのメインインタフェースに統合する計画だ。

 新しいコード検索機能の検索インデックスは現在、最もポピュラーな500万以上のパブリックリポジトリをカバーしている。テクノロジープレビューユーザーは、併せて自分がアクセスできるプライベートリポジトリも検索できる。

 プログラミング言語別では、C#、Python、Go、Java、JavaScript、TypeScript、PHP、Protocol Buffers、Ruby、Rustのシンボルを検索キーワードとして利用できる。

 GitHubによればコード検索機能のポイントは次の通りだ。

・関連性が高い検索結果を得られる
 スマートランキングと、コードに最適化されたインデックスにより、ユーザーにとって関連性の高い検索結果が上位に表示される。このため、探しているものを簡単に発見できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。