連載
» 2022年01月25日 05時00分 公開

外部スクリプトの関数の実行回数に関する情報を出力するSQL Server動的管理ビューレファレンス(79)

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、外部スクリプトの関数の実行回数に関する情報出力について解説します。

[椎名武史,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回は動的管理ビュー「sys.dm_external_script_execution_stats」における、外部スクリプトの関数の実行回数に関する情報出力について解説します。対応バージョンは、SQL Server 2016以降です。

概要

 SQL Server 2016以降では、「sp_execute_external_script」を使用して外部スクリプトが実行できるようになりました。SQL Server 2019では、SQL Server 2016で使用可能になったR、SQL Server 2017で使用可能になったPythonに加えて、Javaも使用可能になりました。「sys.dm_external_script_execution_stats」では、外部スクリプトの関数の実行回数に関する情報を出力します。

出力内容

列名 データ型 説明
language nvarchar(128) 登録されている外部スクリプト言語の名前
counter_name nvarchar(256) 登録されている外部スクリプト関数の名前
counter_value bigint サーバで呼び出された合計数

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。