ニュース
» 2022年01月26日 07時44分 公開

IIJがリモートアクセスVPNサービスでゼロトラスト的な機能を強化きめ細かなアクセス制御ができる

IIJが、アクセス制御の機能を追加したクラウド型リモートアクセス VPN サービスを発表した。端末で多様な情報を取得し、可視化とポリシー設定のサイクルを回していくことができる。

[三木泉,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IIJは2022年1月25日、 既存のクラウド型リモートアクセス VPN サービスにアクセス制御やガバナンス向上の機能を追加し、「IIJフレックスモビリティサービス/ZTNA(ゼットティーエヌエー)」として発表した。2022年1月31日に提供開始の予定。

 サービス名の 「ZTNA」は「ゼロトラストネットワークアクセス」の略語。新サービスでは、「従来の境界型セキュリティに頼り過ぎず、VPNアクセスしてくる端末をむやみに信頼しない」という考え方に基づく機能を盛り込んでいる。大企業が構築するような複雑な仕組みを、中堅企業でも即座に使えるようにするという。

 具体的には、端末上のVPN接続エージェントできめ細かなアクセス制御を実施する。 またその前提として、エージェントが収集した情報を管理コンソールで可視化する機能がある。

きめ細かなポリシー設定ができる

 通信の可視化では、端末固有ID/種類、端末の場所、接続Wi-FiのSSID/BSSID、通信状況、Active Directoryグループ、アクセス先、OS/アプリケーションバージョン、ウイルス対策などの情報を日時と共に取得、管理者がこれらをダッシュボードで確認できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。