ニュース
» 2022年04月12日 09時39分 公開

AWSジャパン、デジタル人材育成で企業を個別に支援する「AWS Skills Guild」を国内発表

AWSジャパンが、企業のデジタル人材育成を個別に支援する包括的なサービス、「AWS Skills Guild」の国内提供を正式発表した。既存のトレーニングコースや認定資格を超え、組織としての人材育成への取り組みを支援できるという。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 アマゾンウェブサービスジャパン(AWSジャパン)は2022年4月11日、企業向けのデジタル人材育成支援サービス、「AWS Skills Guild」を国内発表した。これは、各企業における全社的なデジタル人材育成計画の立案やトレーニングプログラムの作成を個別に支援するサービス。

 AWSジャパンは既に、 ITエンジニア、非ITエンジニアの双方に向けた、有償・無償のさまざまなトレーニングコースや認定資格制度を提供している。デジタル人材育成で、企業はこうしたAWSのプログラムや他社のトレーニングを活用すればいいだけのようにも思える。しかし、それだけでは不十分だとする。

 AWSジャパンによると、日本の企業・組織はデジタル人材育成で、海外企業にもまして大きな課題を抱えている。 具体的には、「経営層の理解が足りず、人事部任せになってしまい、デジタル人材育成が進まない」「企業はITベンダーへの依存度が高いため、デジタル人材育成のノウハウが少ない」「ITやクラウドの進化が速く、一度トレーニングを受けて認定を取得するだけではついていけない」といった点だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。