ニュース
» 2022年04月27日 10時50分 公開

Spotify、Coinbase、Slackなど大手Webサイトやアプリの2022年第1四半期の大規模障害事例トップ5を報告、Uptime.com障害不可避、その技術的問題とは?

Uptime.comは、2022年第1四半期に発生した企業Webサイトやアプリケーションの大規模障害の事例を5つ取り上げ、「Top 5 Outages of Q1 2022」として報告した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Webサイトのアップタイムやパフォーマンスを向上させるソリューションを提供するUptime.comは2022年4月14日(米国時間)、2022年第1四半期に発生した企業Webサイトやアプリケーションの大規模障害の事例を5つ取り上げ、「Top 5 Outages of Q1 2022」として報告した。

 Uptime.comは「システム障害やWebサイトのダウンタイムがかつてないほど広範囲に、かつ頻繁に発生している」と指摘。その原因として、トラフィックと技術インフラ依存の急激な増大を挙げている。これらが接続やサーバなどの不測の、あるいは不可避の技術的問題を引き起こしているという。

 報告では、Southwest Airlines、Spotify、Coinbase、Discord、Slackの障害事例が以下のように紹介されている。

Southwest Airlinesのシステム障害

  • ダウンタイム発生日:2022年4月2〜3日
  • ダウンタイム時間:2時間。影響は週末まで続いた
  • ダウンタイムの影響:Southwest Airlinesは、1回の週末で1万人分以上のフライトをキャンセル、延期した
  • 稼働状態の確認:Southwest AirlinesのTwitter

 Southwest Airlinesは、システムの計画停止に続いて技術的な問題に直面した。計画したイベントが計画外のダウンタイムを引き起こすこともある。Southwest Airlinesはこの障害によって、週末を通じて全米のフライトのキャンセルや延期を余儀なくされた。春休みの旅行シーズン中で、かつ悪天候に見舞われていたことで、障害の影響が一段と深刻化した。

Southwest AirlinesのTwitter(提供:Uptime.com

Spotifyのアプリケーション障害

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。