ニュース
» 2022年04月27日 08時45分 公開

サービスメッシュのIstio、GoogleがようやくCNCFへの寄贈に向けた申請を発表Kubernetes、Istio、Knativeが出そろうか

GoogleとIstio Steering Committeeが、サービスメッシュのIstioを、CNCFへの寄贈に向け申請したと発表した。申請が認められれば、2017年に発表されて注目を集めてきた技術が、ようやくCNCFのガバナンス下に移されることになる。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 GoogleとIstio Steering Committeeは2022年4月26日(米国時間)、Service MeshのIstioをCloud Native Computing Foundation(CNCF)に寄贈するための申請を行ったと発表した。 CNCFの TOC(Technical Oversight Committee:技術監督委員会)が承認すれば、IstioはCNCFのプロジェクトの1つになる。

 Googleのエンジニアリング担当バイスプレジデントであるチェン・ゴールドバーグ氏は、Google Cloudのブログで次のように説明している。

 「Istioは、さまざまな組織が使うKubernetesエコシステムの主要コンポーネントで、CNCFの外にある最後のものだ。そのAPIはKubernetesとの親和性が高い。最近、KnativeをCNCFに寄贈したが、これに続いてIstioが受け入れられれば、われわれのクラウドネイティブスタックの同ファウンデーション下への移行が完了する。そして、IstioをKubernetesプロジェクトにさらに近づけることができる。また、CNCFに入ることで、コントリビューターや顧客が、他の最重要なクラウドネイティブプロジェクトと同様なサポートとガバナンスを示しやすくなる」

 Istioは、サービスメッシュを実行するためのオープンソースソフトウェア(OSS)。サービスメッシュでは、マイクロサービス間の通信を制御し、可視化できる。これにより、セキュリティの向上や流量制御、スムーズなアプリケーションのアップデートや切り替えなどが行える。Istioは、マイクロサービスの横でプロセスとして動かす別のOSSであるEnvoyをプロキシとして使い、これを構成・制御する役割を果たす。

「なぜGoogleはIstioをCNCFに寄贈しないのか」

 Googleは2017年、IstioをIBM、Lyftなどと共に2017年にOSSプロジェクトとして開発を始めた。当時既にLinkerdなどのサービスメッシュ技術はあったが、Googleが開発を主導しており、社内でも活用しているとされたこともあり、大きな注目を集めた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。