ニュース
» 2022年05月12日 12時02分 公開

IBMのソフトウェアをAWS上のSaaSとして提供、IBMとAWSが提携 Red Hat OpenShift on AWSを活用

IBMのソフトウェアが、AWS上でサービスとして提供される。IBMがAWSと戦略的な協業の合意をしたと発表した。これらのソフトウェアは「Red Hat OpenShift on AWS」上で稼働する。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IBMは2022年5月11日(米国時間)、同社ソフトウェアのAmazon Web Services(AWS)上での提供について、AWSと戦略的な協業の合意をしたと発表した。ソフトウェアの提供は段階的に行う。IBMは、販売促進活動でも協力するという。

 技術的には、AWS上で提供されているRed Hatのコンテナ基盤サービス、「Red Hat OpenShift on AWS」上でIBMソフトウェアが稼働する。ユーザーはサーバを意識する必要がない。

 「顧客は、IBMのSaaS製品をAWSマーケットプレースで調達し、セットアップしてAWSサービスと統合できる。インフラをデプロイしたり、アップデートしたり、管理したりといったことなしに、数クリックで使い始めることができる。AWS上のIBMソフトウェアは、高い可用性と柔軟なスケーリングをオンデマンドで提供し、予測できないスループットのニーズに対応する。AWSサービスと深く連携し、API、CloudFormation、Terraformテンプレートのサポートで、端から端までのワークフロー自動化を実現する」(プレスリリースより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。