ニュース
» 2022年05月13日 17時20分 公開

Google CloudがPostgreSQL互換DBのAlloyDBを発表、OracleやDb2、SQL Serverからの移行を狙うOLTP性能は通常のPostgreSQLの4倍

Google Cloudは2022年5月11日(米国時間)、フルマネージドなPostgreSQLデータベースサービス、「AlloyDB for PostgreSQL」を発表した。自社のクラウドインフラを生かして高いパフォーマンスと可用性を実現。PostgreSQLと完全互換で既存データベースからの移行を促進する。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Google Cloudは2022年5月11日(米国時間)、フルマネージドなPostgreSQL互換データベースサービス、「AlloyDB for PostgreSQL」を発表し、日本でも5月22日に説明した。このサービスで、Google CloudはOracle、SQL Server、Db2など、独自アーキテクチャのリレーショナルデータベース(RDB)から、オープンソースの代表的なRDBへの移行を主なテーマとしている。

 PostgreSQL互換のインタフェースをうたうクラウドデータベースは多い。AlloyDBはこれらと異なり、PostgreSQLのコードを使っているため「完全互換」。これにより、既存のリレーショナルデータベースを使ったアプリケーションを移行できるとする。

 AlloyDBはPostgreSQLをクラウド上でホストするだけのサービスではない。PostgreSQLのカーネルに変更を加え、Google Cloudのインフラとの統合度を高めるなどで、パフォーマンスと可用性を向上している。

 OLTP性能は、AWSのAurora PostgreSQLの2倍、通常のPostgreSQLの4倍に達する。分析クエリの速度は、通常のPostgreSQLの最大100倍だという。可用性はメンテナンス時間を含めて99.99%としている。

 AlloyDBは演算とストレージエンジンを分離していて、それぞれが独立してスケールする。

 ストレージエンジンは同一リージョンの複数ゾーンで共有でき、データの複製作業なしに、プライマリとレプリカ、読み取りノードを別のゾーンで稼働できる。データの複製なしに、レプリカを最大20台構築できるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。