ニュース
» 2022年05月18日 09時38分 公開

サービスメッシュの利用機能や人気プロジェクト/製品、利用課題をCNCFが調査最大の導入理由はセキュリティ機能

CNCFがサービスメッシュについてのアンケート調査結果を発表した。この調査では、サービスメッシュの利用状況や採用プロジェクト/製品、注目する機能、利用課題などについて聞いている。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Cloud Native Computing Foundation(CNCF)は2022年5月17日、サービスメッシュについてのアンケート調査結果を発表した。 回答者253人と規模は大きくないものの、サービスメッシュの利用状況や今後の利用予定、注目する機能、使っているプロジェクト/製品、技術的/非技術的な課題などについての傾向を示している。この調査は2021年11月から12月にかけて、CNCFおよびKubernetesのコミュニティー参加者を対象に実施した。

サービスメッシュを現在使っているか

 「あなた自身あるいは所属組織ではサービスメッシュを使っていますか?」という質問には、70%が本番利用あるいは 試験運用をしていると答えた。19%は評価中。利用していないという回答は10%に満たなかった。

今後1年間のサービスメッシュ利用規模は

 「今後12カ月間に幾つのKubernetesクラスタでサービスメッシュを使う見込みですか?」という質問の回答からは、Kubernetesの展開状況とサービスメッシュの利用が関連していることが分かった。2から10のKubernetesクラスタにサービスメッシュを 適用するとの回答は65%。11から25との回答は11%、26以上は10%だった。

どの機能がサービスメッシュ利用を牽引しているか

 サービスメッシュの採用を牽引している機能について聞いた。79%の回答者が、「mTLSなどのセキュリティ機能」と答えた。

 これにほぼ並んだのが可観測性(observability:ログ、メトリック、トレースを収集・分析する機能)。「クラウドインフラの重要度と複雑化が進むにつれ、システムの状態を把握する手法としてニーズが高まっている」(調査報告書、以下同)。

 第3位はトラフィック管理(62%)だった。「組織がより洗練されたblue/greenデプロイメントシナリオを推進する中、トラフィック管理はエンドポイントとサービスの検出、サービス間のAPI呼び出しの制御、サービスの非表示または公開など、さまざまな機能に適用できる」。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。