ニュース
» 2022年05月25日 07時00分 公開

MicrosoftがDev Boxを発表、プロジェクトごとの環境構築から開発者を解放開発チームのための仮想デスクトップサービス

MicrosoftがMicrosoft Build 2022で、開発チーム向けの仮想デスクトップサービス、「Microsoft Dev Box」を発表した。開発者をプロジェクトごとの環境構築作業から解放し、コードを書く作業に集中できるようにするという。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2022年5月24日(米国時間)、開幕したMicrosoft Build 2022で「Microsoft Dev Box」を発表した。現在プライベートプレビュー段階で、今後数カ月のうちにパブリックプレビューを始めるという。

 Dev Boxは開発チーム向けの仮想デスクトップサービス。開発者は特定のプロジェクト用に設定された開発用ワークステーションを仮想デスクトップとして即座に立ち上げられる。

 「新たにチームに加わった開発者は、最初のコミットに至るまでに、何日、何週間もかけて開発環境を整えなければならないことがある。熟練開発者も、複数のプロジェクトに関わっていることが多く、依存性の競合で開発ワークステーションの環境をダメにしてしまうことがある。また、どんな開発者でも、変更を加えたことで意図せずに環境を壊してしまう経験をしている」(発表ブログポスト、以下同)

 Dev Boxはこうした環境構築および維持の問題を解決し、開発者がコードを書くことに集中できるようにするものだという。

 Dev Boxでは、開発チームが特定プロジェクト用の環境を仮想マシンイメージとして用意し、維持できる。この環境にはアプリケーションのソースコードやビルドされたバイナリを入れ込むことができる。このため、開発者はリビルドを長時間待つ必要がなく、即座に仕事に取りかかれる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。