連載
» 2022年07月07日 05時00分 公開

【 Get-NetTCPConnection 】コマンドレット――TCPポートのコネクションを確認するWindows PowerShell基本Tips(36)

本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「Get-NetTCPConnection」コマンドレットを解説します。

[後藤諭史,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windows PowerShell基本Tips」のインデックス

連載目次

 本連載では、Windows PowerShellの基本的なコマンドレットについて、基本的な書式からオプション、具体的な実行例までを分かりやすく紹介していきます。今回は、TCPポートのコネクションを確認する「Get-NetTCPConnection」コマンドレットです。

Get-NetTCPConnectionコマンドレットとは?

 TCP/IPによる通信は、宛先のIPアドレスと送信元/送信先ポート番号の組み合わせで行われます。従って、通信障害が発生した場合、対象のコンピュータがどのホストとどの通信ポートを利用して通信しているかを把握することが重要になります。

 コマンドプロンプトであれば「netstat」コマンドを使用して調査しますが、PowerShellの場合は「Get-NetTCPConnection」コマンドレットを使用します。

 netstatコマンドではTCPのコネクション情報とUDPの待ち受け状況の両方を確認できますが、Get-NetTCPConnectionコマンドレットはTCPのコネクション情報のみの確認となります。しかし、netstatコマンドよりも多くの情報が表示されるので、非常に便利なコマンドレットです。

Get-NetTCPConnectionコマンドレットの書式

Get-NetTCPConnection [オプション]


Get-NetTCPConnectionコマンドレットの主なオプション

オプション 意味
-RemoteAddress リモートホストのホスト名、もしくはIPアドレスを指定する。省略可能
-RemotePort 送信先ポート番号を指定する。省略可能
-State TCPのステート(状態)を指定して、該当するステートの通信のみ表示する。13種類のステートから指定できる。省略可能
-OwningProcess 指定したプロセスIDで使用しているTCPのコネクションを表示する。省略可能


TCPのコネクションを確認する

 Get-NetTCPConnectionコマンドレットをオプションなしで実行すると、待ち受け中、通信中を問わず、全てのTCPのコネクションを表示します(画面1)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。