連載
» 2022年07月14日 05時00分 公開

【 Test-NetConnection 】コマンドレット――ネットワークの疎通を確認するWindows PowerShell基本Tips(37)

本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「Test-NetConnection」コマンドレットを解説します。

[後藤諭史,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windows PowerShell基本Tips」のインデックス

連載目次

 本連載では、Windows PowerShellの基本的なコマンドレットについて、基本的な書式からオプション、具体的な実行例までを分かりやすく紹介していきます。今回は、ネットワークの疎通を確認する「Test-NetConnection」コマンドレットです。

Test-NetConnectionコマンドレットとは?

 ネットワークの正常性を確認したり、通信対向との疎通を確認したりする場合、「Ping」コマンドや「Tracert」コマンドといったコマンド群をコマンドプロンプトで利用していたと思います。

 「Test-NetConnection」コマンドレットを用いることで、PingやTracertコマンドで行っていた疎通確認をPowerShellで行うことができます。また、TCPを利用した疎通確認も可能なため、ファイアウォールの設定を確認する際にも利用できます。

Test-NetConnectionコマンドレットの書式

Test-NetConnection [オプション]


Test-NetConnectionコマンドレットの主なオプション

オプション 意味
-ComputerName リモートホストのホスト名、もしくはIPアドレスを指定する。省略可能
-TraceRoute tracertコマンドのように経路を確認する場合に指定する。省略可能
-CommonTCPPort 定義済みのTCPポート(HTTP/RDP/SMB/WINRM)を指定する。指定した場合はTCPによる疎通確認になる。省略可能
-Port 疎通を確認する宛先TCPポート番号を指定する。使用した場合はTCPによる疎通確認になる。省略可能


インターネット上のリモートホストへの疎通を確認する

 Test-NetConnectionコマンドレットをオプションなしで実行すると、デフォルトの通信先である「internetbeacon.msedge.net」にICMP(Internet Control Message Protocol)で疎通確認を試行し、結果を表示します(画面1)。「Ping internetbeacon.msedge.net」コマンドと同等です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。