ニュース
» 2022年07月15日 08時00分 公開

iPaaSは「デジタル化を推進する武器」、その役割と成長性は? ITRが予測2026年度まで高い伸びを維持

ITRは、国内iPaaS市場について規模の推移と予測を発表した。iPaaS市場の2021年度の売上金額は、対前年度比36.6%増の28億円。2021〜2026年度のCAGRを32.7%と見込み、2026年度の市場規模は115億円に達するとITRは予測している。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 アイ・ティ・アール(ITR)は2022年7月14日、国内iPaaS(Integration Platform as a Service)市場について規模の推移と予測を発表した。それによると、iPaaS市場の2021年度の売上金額は、対前年度比36.6%増の28億円。2022年度の成長率は2021年度を上回る見込みで、市場規模は同42.9%増の40億円になるという。

画像 2020〜2026年のiPaaS市場規模推移および予測(提供:ITR

iPaaSに注目が集まる2つの理由

 iPaaSはクラウド、オンプレミスを問わず、企業の各種システムを統合的に連携できる点が注目されている。サービスによってはローコードツール/ノーコードツールやビジネスモデル設計支援、プロセス自動化、イベント駆動などの機能も備えている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。