ニュース
» 2022年08月04日 09時08分 公開

HashiCorpが今秋、マネージドサービス「HashiCorp Cloud Platform」を日本リージョンで提供へTerraform Cloudとの関係は?

自動化ツールで知られるHashiCorpは2022年秋に、クラウド型のマネージドサービス「HashiCorp Cloud Platform(HCP)」を、AWSの東京、大阪リージョンから提供開始する。既に提供中のTrraform Cloudと合わせ、マネージドサービスを事業の柱の一つに位置付ける。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 HashiCorpは2022年秋に、クラウド型のサービス「HashiCorp Cloud Platform(以下、HCP)」を、AWS(Amazon Web Services)の東京、大阪リージョンで提供開始する。

 HCPは同社の各種ツールをマネージドサービスとして提供するもの。現時点で、アジア太平洋/日本地域では豪州、シンガポールのAWSリージョンから提供されている。2022年10月末あるいは11月初めには、これに東京・大阪リージョンが加わる。サービスが動くのはAWS上だが、HCPの各種ツールの管理対象はマルチクラウドであり、AWSだと使える機能が多いなどの違いはないという。

 現在HCPで提供されているのは、シークレット管理の「HCP Vault」、サービスメッシュの「HCP Consul」、ビルド管理の「HCP Packer」、リモートアクセスセキュリティの「HCP Boundary(β版)」。日本のリージョンでは、まずVaultとConsulを提供する。

 東京および大阪リージョンから提供することにした理由は、国内顧客の間で、遅延への懸念の声が聞かれるからだという。HashiCorpでは国内販売パートナーと連携し、HCPユーザーへのサポートを提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。