ニュース
» 2022年08月10日 08時00分 公開

攻撃増加で「緊張の夏」 夏季休暇前に実施したい「4つのセキュリティ対策」を経産省が解説休暇前と休暇後の両方に対処する必要がある

経済産業省は、夏季休暇に向けてサイバーセキュリティ対策を強化するよう注意を喚起した。休暇前の段階で、休暇期間中にセキュリティインシデントが発生したときの対処手順と連絡体制を確認することなどの対策を推奨している。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 経済産業省は2022年8月8日、夏季休暇に向けてサイバーセキュリティ対策を強化するよう注意を喚起した。長期休暇の間隙を突いたセキュリティインシデントの発生が懸念されるとしている。

画像 プレスリリース

 ランサムウェアによるサイバー攻撃の被害が国内外のさまざまな企業や団体で頻発している。経済産業省によると、ランサムウェア以外にも、ブロードバンドルーターや無線LANルーター、監視カメラ用機器、コピー機といったネットワーク接続機能を備えた機器に対する攻撃も増加傾向にあるという。

長期休暇だからこそ実施すべき4つの対策

 経済産業省は、長期休暇がサイバーセキュリティに与えるリスクを考慮して、次のような対策を講じるよう推奨している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。