ニュース
» 2022年10月12日 08時30分 公開

Mandiantの買収完了、Google CloudはGCP以外もカバーする統合セキュリティプラットフォームベンダーを目指すGoogle Cloud Next ‘22

Google Cloudは2022年10月11日(米国時間)に開幕した年次イベント「Google Cloud Next ‘22」で、Mandiantの自社への本格的な取り込みを前に、既存のセキュリティ製品/サービスの統合を発表した。Mandiantがもたらすセキュリティインテリジェンスを加え、セキュリティオペレーションを変革していくという。

[三木泉@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 約54億ドルをかけたGoogleによるMandiantの買収は、2022年9月に完了した。Google Cloudは2022年10月11日(米国時間)に開幕した年次イベント「Google Cloud Next ‘22」で、Mandiantの自社への本格的な取り込みを前に、既存のセキュリティ製品/サービスの統合を発表した。

 Google Cloudはさまざまなセキュリティサービスを既に提供している。Google Cloud上の脆弱(ぜいじゃく)性検知や対策が行える「Security Command Center」、ゼロトラストネットワークアクセスの「BeyondCorp Enterprise」、Webサイトやファイルのマルウェア検査ツール「VirusTotal」、SIEM(Security Information and Event Management)の「Chronicle」、SOAR(Security Orchestration, Automation and Response)の「Siemplify」、Google Cybersecurity Action Teamなどだ。

 今後、Google Cloudは全てのセキュリティ運用サービスを、「Chronicle」というブランド名の下に統合していくという。これまでのChronicleは「Chronicle SIEM」、Siemplifyは「Chronicle SOAR」に名称が変更されることになる。

 また、「Chronicle Security Operations」という統合セキュリティ基盤サービスのプレビュー版を提供開始した。

 Chronicle Security Operationsは、Chronicle SIEM、Chronicle SOAR、Google Cloudの脅威インテリジェンスを軸とする。企業のセキュリティチームによるサイバー脅威の検知、調査、対応を迅速化・インテリジェント化できるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。