ニュース
» 2022年11月08日 13時19分 公開

Nutanixがデータベースサービスを提供しているのはなぜ? どんな問題を解決する?責任者は三大クラウドのデータベース担当者を歴任

NutanixはHCI(ハイパーコンバージドインフラ)で知られているが、その上でさまざまなサービスを提供している。その中にデータベースサービスがある。その狙いや戦略について、Nutanixのデータベース責任者に聞いた。

[三木泉@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 NutanixはHCI(ハイパーコンバージドインフラ)のソフトウェアで知られているが、その上で以前からさまざまなサービスを提供している。その中にデータベースサービスがある。その狙いや戦略について、Nutanixのデータベース責任者、トビアス・ターンストローム(Tobias Ternstrom)氏に聞いた。

 ターンストローム氏はMicrosoft Azure、Google Cloud、AWS(Amazon Web Services)でデータベースのプロダクトマネジメントを歴任した後、2021年Nutanixに入社した。Nutanixに移った理由を、同氏は次のように話す。

 「長い間クラウド分野で働いてきて実感したのは、パブリッククラウドのデータベースホスティングサービスはホテルの部屋のようなものだということだ。短期間使うのならいいが、安定した負荷で長期間運用する場合はかなり高価になる。このことをずっと考えてきた。Nutanixはさまざまなワークロードをそれぞれ納得できる場所で動かせるように顧客を支援している企業であり、(働くには)完璧な場所だと思った」

 「Nutanix Database Service(以下、NDBと表記)」は、現在オンプレミスやコロケーション施設、 AWS(Amazon Web Services)、Microsoft AzureにおけるNutanixプラットフォーム上で利用できるマネージドデータベースサービスで、数年前から提供している。対象データベースはMicrosoft SQL Server、Oracle Database、PostgreSQL、MySQL、MongoDB。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。