SB C&Sが、Zscalerとのディストリビューター契約を締結 注力するゼロトラストのポートフォリオを拡充企業のセキュリティ変革を支援

SB C&Sは、セキュリティベンダーのZscalerとのディストリビューター契約を締結した。セキュリティ分野でも成長が著しいゼロトラスト関連エコシステムのポートフォリオを拡充する。

» 2022年11月14日 16時00分 公開
[ANDG CO., LTD.]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

新しい働き方、ITインフラ環境ではゼロトラストのアプローチが有効

Zscaler グローバルアライアンス&チャネル 日本・アジア地域 ディレクター カマル・エルカイリ氏 Zscaler グローバルアライアンス&チャネル 日本・アジア地域 ディレクター カマル・エルカイリ氏

 SB C&SとZscalerは2022年11月1日、ディストリビューター契約に伴い、共同記者発表会を開催した。前半は、Zscalerのグローバルアライアンス&チャネル 日本・アジア地域 ディレクターであるカマル・エルカイリ氏が、同社とZscalerの製品群を紹介した。

 エルカイリ氏は同社のミッションについて「情報のやりとりが常にシームレスでセキュアである世界を目指す」と説明した。ZscalerはNASDAQ上場企業で、2021年度は10億ドルの売り上げを達成。前年比62%の成長を実現している。顧客の継続利用意向の指標である「Net Promoter Score」は一般的なSaaS企業の平均が30に対し、同社は70以上と高い値を獲得している。

 科学、ヘルスケア、銀行、大手グループ企業などFortune 500社の40%がZscalerを利用しているという。ユーザー事例としてエルカイリ氏は「GE(General Electric)はZscalerを導入してユーザーエクスペリエンスを80%以上向上。NOV(エネルギー企業)は感染するマシンを35倍以上減少。Siemensは、インフラコストを70%以上削減した」と説明した。

さまざまな業種のトップ企業をサポートするZscaler さまざまな業種のトップ企業をサポートするZscaler(提供:Zscaler)

 従来、多くの企業がプライベートネットワークを使って、自社のデータセンターを接続する「城と堀」型のセキュリティ、ハブ&スポーク型ネットワークによって保護していた。このアプローチは、全てのアプリケーションがデータセンターにあるときは機能していた。現在は多くのSaaSが利用されており、データセンターだけでなくパブリッククラウドの利用も促進されているため、企業ネットワークも変革が求められるようになってきた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。